コミュニケーションが上手く行かない原因とは?

人間関係を構築するときによく使われる
言葉に『ラポール』があります。
 
ラポールとは信頼関係?
 
ここでも物事は
『分ける』ことが大事です。
 
信頼関係とは一体なに?
どこまで信頼ができればいいの?
 
この辺のこともよく分かっていた
方が目的に沿った信頼関係作りが
できそうですね。
 
 

 
 
何を頑張ってもコミュニケーションが
上手く取れない人に共通しているのは
相手に合わせようとしているから?
 
 
本やインターネットを見ていると、相手の話
聞いて、相槌をうって、リアクションを取って、
相手に興味を持って、関心を寄せて一生懸命やる!!
 
 
これで上手くいっている人はいいと思い
ますが、いかがでしょう?
 
本当に上手く行ってます?
 
 
コミュニケーションについて
本日6月30日23:59分で
受付が終了します!!
 
プロが現場で使っている
コミュニケーションとは
↓ ↓
こちらから
 
 

 
 
コミュニケーション力が上がらない原因
についてお話をさせていただきますが、
 
そもそもで言えば意識をしたり努力したり
しているところに問題がある場合がとても
多いい訳ですが、要は
 
『部分的なことをしない』ことです。
 
 
コミュニケーションでは、相手と気が
合った方が言い訳ですが、こんな人って
周りにいませんでしたか?
 
 
そんなに愛想が言い訳でもなく、気を
使うわけでもなく、相手の機嫌を取る
訳でもないのに・・・・・
 
どうしてだか気に入られている人
 
 
 
逆に、相手に一生懸命気に入ってもら
えるように努力をしているのに、あま
り気に入られていない人
 
 

 
 
コミュニケーションのお話の中で出てくる
心理学用語の中には
『ペーシング』
『ミラーリング』
『アクノレッジメント』
などがあります。
 

簡単に言うと
ペーシングとは、話すスピードやトーンなど
も含めてペースを相手に合わせると言うもの
 
ミラーリングとは、これまたペーシングと
同じようなもので、要は相手に合わせると
言うもの
 
アクノレッジメントとは、相手の存在や
変化なども含めて理解して認め、それを
相手に伝えてあげるようなもの
 
まだまだ色々ありますが、どれをとっても
『部分的』なことですが、その中でも
 
アクノレッジメント
 
これはかなり大切な部分となります。
 
 
本やインターネットなどで検索をすれば
心理学用語や解説などたくさんの情報が
出ていますが、解釈だけではなく、ほと
んどの情報にはアレンジが必要です。
 
 
ただ、相手の変化
 
 
これは常に意識をされると、良い
コミュニケーションが図れそうですが
 
 
 
実は、コミュニケーションが上手く
取れない人は、もっと別のことを
改善する必要があるんです。
 
 
本日6月30日23:59分で
お申し込みの締め切りとなります!
 
コミュニケーション力を上げたい
そう思っている人はお急ぎください!
↓ ↓
こちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL