話しの行き違い!これでコミュニケーションに悩まなくなる

本日も当ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。

4月29日 札幌・桜井塾の思考パターンを変える塾長ブログへようこそ!!

 

そんなつもりじゃ~・・・・・・・・・・・

そんなこといってないじゃん・・・・・・・・・・

など

言葉のトラブルを経験された方もいるかもしれません。

 

言ったつもり・・・・・・・・・・・

そんなつもりで言ったんじゃなくて・・・・・・・・・・・・・

 

人の価値観や世界観なども人それぞれ

そして解釈の仕方も人それぞれなのかも知れません

 

 

言葉の行き違いや認識の違いなどから始まるトラブル

できれば避けたいものですよね。

 

会話をしていると『削除・歪曲・一般化』されていることがありそうです。

 

【削除】

私は自信がないんです・・・・・・・・・・・・

このような会話では具体的に何にどの辺に自信がないのか?と疑問が出そうです。

 

【歪曲】

そして、あの人は私に挨拶をしないから、きっと私のことがきらいなんだ・・・・・・・・・・・・

このような会話では、挨拶をしないと嫌いってどんな判断基準なの?と疑問が出そうです。

 

【一般化】

みんなが言ってるんです!

それって誰が言ってたの?と質問すると、○○さん・・・・・・・・・・・・・・・・

え!一人?

こんな経験をされたことのある人もいそうです。

 

よくよく話しを聞いていると、具体的には?何を根拠に言ってるの?詳細は?などと疑問になってしまう時もありそうです。

 

 

実際に会話の中で削除されているところがあったり、歪曲や一般化されていると行き違いもありそうです。

この行き違いを防ぐには、出来る限り具体的に、そして自分の観点からの意見を控えて、詳細をしっかりお伝えすると、伝わる確率も高くなりそうです。

 

意識するのとしないのでは結構コミュニケーションの質が変わってきそうです。

 

コミュニケーションに悩まなくなる方法はこれだけではありませんが、行き違いを防いでいく方法の一つとしては『削除・歪曲・一般化』をしないで相手に伝え、どう伝えたかではなく

 

どの様に『伝わったか』が大切になってきます。

 

そのために、どの様に伝わったのかを『確認する』ひと手間を惜しむのをやめましょ~

 

しっかり伝えたつもりでも『認識が違えば』そのあとの結果にも変化がでてきそうです。

 

逆に聞き手の場合でも、『削除・歪曲・一般化』されている場合には、しっかりと質問をしてすり合わせをしていかれると、間違えやトラブルも減っていきそうです。

 

まれに、会話をしていてどこが抜けているのか(削除)分からないと言われている方がいます。そのような場合には、実際にアクションを起こす場面を考えてみてください。

 

例えば

会社にお休みをもらって海外旅行の約束をしたとしましょう。

ここでAさんが日から○○に旅行にいこう!

そこでBさんはいいよ!と返事をしました。

Aさんは、私が飛行機のチケットや宿泊先などは予約しておくからパスポートの準備だけでいいよ!

なので当日○○駅で待ち合わせをしていこ~

こんな約束をしたとしましょう。

 

そして数日後、会社に休みの申請をするBさん。

ここで初めて気が付くのです。

日から何日休めばいいのだろ?

 

実際、こんな極端なお話しはないのかも知れませんが、旅行の約束をしている時に会社に休みをもらう申請のことまで考えていたら、旅行に行くまで、行って帰ってくるまでのプロセスを考えていたらどうだったのでしょう~

 

 

出来る限り、実際に行動した時の流れなどを考えながらお話しを聞いていくと、情報漏れも少なくなってきそうな気もします。

そして、伝える時も『削除・歪曲・一般化』しないようなお話しができると、話しの行き違いや誤解も少なくなってくるかも知れませんね。

 

本日も最後までご覧いただき誠にありがとうございました!

明日は良いコミュニケーションが取れるといいですね!!

桜井塾からのお知らせ
今月のセミナー及び無料体験説明会のお知らせ

今月のカウンセリングのご予約状況

お問い合わせは

011-252-9588

info@teamfree.main.jp


これであなたも人気者!嫌われる人が必ずやっている共通点!

 

これであなたも人気者!

 

本日も当ブログへお越しいただき誠にありがとうございます。

4月28日 札幌・桜井塾の思考パターンを変える塾長ブログへようこそ!!

 

人と人

気の合う人と合わない人

意見の合う人と合わない人

 

自分と他人は違うから・・・・・・・・・・・・・・・

価値観や世界観

そして人それぞれが持っている固定観念など・・・・・・・・・・・・・

 

他人と合わせるのって結構大変なんて思われている方もいるかも知れませんね。

 

 

人と合わないと、どんどん人と接して行くのが嫌になって行ったり

人の悪口を言い始めたり

人の事を批判し始めたり

そして少し自分を責めてしまいそうになってみたり・・・・・・・・・・・

 

できれば色々な人と仲良くしたい!

できれば人から好かれる自分でいたい!

そんな思いがある方もいるのかも知れませんね。

 

そこでまず!嫌われる人が必ずやっている共通点にはどの様なものがあるのか?を少しお話ししたいと思います。

○無愛想

○空気が読めない

○言葉が刺々しい

○気を使えない

○優しくない

○自分勝手

○いつも不機嫌

などなど、上げていけばいっぱいあるかも知れませんが・・・・・・・・・・・・・

 

では逆に好かれる人の共通点とは?

○良く笑う

○愛想がいい

○元気

○気が利く

○優しい

○思いやりがある

○共感してくれる

など、こちらもいっぱいありそうです。

 

もし、もしも人気者までいかなくても、人から好かれたいと思っているのであれば!!

これをするだけで今までとはかなり違った人生を歩んで行けるかも知れませんよ!!!!!!

 

もし、今のあなたが

今よりももっともっと色々な人たちに好かれたとしたら・・・・・・・・・・・・・・・

 

人生変わりそうですか?

 

これは本当に変化が期待できるものかも知れません。

 

桜井塾ではこのことをかなり意識して受講生の方たちにお伝えしています。

これは、実際にとても役立っていることで

しかも

本当に人生を変えてくれそうです。

 

 

人に嫌われているより好かれた方がいい!と思っている方!!

今からやってみる価値もありそうですよ!!

 

では、それはどんなことなのか?

 

ちなみに、身の回りの人で、人に好かれる人ってどんな人でしょうか?

無愛想?

意地悪?

不機嫌?

おそらく、違うような気もしますよね?

 

人に好かれる人が意識的な人も無意識な人でも共通してやっていること!!

それは

 

『リアクション』

 

です。

 

リアクション?

それってなに?

そんな声も聞こえてきそうですね。

 

もし、あなたがすごくうれしいことがあって、このことを誰かに話したい!と思い、Aさんに話したとしましょう。

しかし、このAさん、そんな話しを聞いても無反応・・・・・・・・・・・・・・

 

ここであなたはどのように感じますか?

 

次に、その嬉しいことをBさんに話したところ、ものすごく一緒に喜んでくれました。

 

もし、次に同じようなことがあったら、Aさん、Bさん、どちらの人に話しをしたいですか?

普段どちらの人と居ると楽しそうですか?

 

もちろん『リアクション』

これは一言で言えば!!です。

 

しかし、この『非言語』はとても重要かも知れません。

 

 

桜井塾のメルマガもそろそろ始まってきそうです。

人生に役立つことも結構載せて配信していきますのでご興味のある方はお楽しみに!!

 

もちろん、先ほどの続きも載せていきますのでお楽しみに!!

 

本日も最後までご覧いただき誠にありがとうございました!

明日は周りの人を盛り上げられると周りの反応も少し変わってくるかも知れませんね!!

桜井塾からのお知らせ
今月のセミナー及び無料体験説明会のお知らせ

今月のカウンセリングのご予約状況

お問い合わせは

011-252-9588

info@teamfree.main.jp


 

 

他人の視線が気になる!人見知りしてしまう人が治っていく

 

気になる!

どこに行っても気になる!

他人の視線が気になる!!

人にどう思われているのかが気になる・・・・・・・・・・・・・・・

 

本日も当ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。

4月21日 札幌・桜井塾の思考パターンを変える塾長ブログへようこそ!!

 

心配になってしまう。

ついつい余計な事を考えてしまう。

あることないことを考えてしまう・・・・・・・・・・・・

 

もし、そんな自分が変われるとしたら

 

変わりたい!!

 

と言う方の声もたくさん聞こえてきそうですね。

 

どうして気になってしまうのか?

 

これはいったいどんな影響を受けてそうなっているのか?

 

この人たちによく見受けられる傾向として『会話ができない』なんて人も多そうです。

 

気になり過ぎてどの様に接すればいいのか分からなくなっていき、自分からは話しかけない、話しかけられても会話を続けるのがイヤだったり・・・・・・・・・・・・

 

こんな時もやはり

 

多くの方が『上手く話そう』と言う思いが強いのかも知れません。

誰でも最初は緊張しそうですね。

 

これからお話しする内容も

『上手く!!』

『過剰な理想』

と言う意識がとても強くなってしまうとこんな傾向も出てくる!なんてことをお話ししていきます。

 

人の目や気持が気になる人に多く見受けられる傾向としては

 

自意識過剰

公的自己意識

私的自己意識

など、原因は色々とありそうです。

 

【自意識過剰】

いつも他人の視線が気になってしまう

きっと自分のことをこう思っているのかも・・・・・・・

自意識過剰になると、このような思考が働いてしまうので疲れてしまいそうです。

 

自意識過剰の人はどのようにすれば治って行くのか?

これもその人その人で合う方法があるのかも知れませんが、おすすめを一つお伝えいたします。

 

『他人にどの様に思われていたとしても何も変わらない』

 

と言うことです。

 

仮に、良く思われていても、悪く思われていても、それを考えたところで何も変わらないような気もしますね。

 

ただ、桜井塾では実際に人生をより良くしていくことを心がけています。

どう言うことかと申しますと

 

例えば、周りからどんどん人が離れていって今では一人ぼっち

ここでの仮説は

①本人が周りとの接し方に問題がある

②周りにいい人がいない

 

①の場合は、きっと自分の何かを改善された方が今後の人生にとっては価値が高そうです。

②の場合は、付き合うコミュニティーを変えるのも良さそうです。

 

自分ではこうしているつもり・・・・・・・・・・・・・・・

なのに周りのみんなが・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

改善点があれば改善をして、後は相手に優しく、思いやりのある対応をしていけば変化は起こりそうです。

 

そんな対応を心がけていけば『自信も付いてきそうな感じがします』

そのころには、余計な心配をしても現状は何も変わらないことにもしっくりくるようになってきそうです。

 

ここで肝心なのは、本当は他人がどう思っているのかは分からないのだから、

こう思われているかも・・・・・・・・・・・・・・・

と思っているのは自分だけ!と言う可能性もあると言うことなのですが、今後を考えた場合、これを機に自分に自信を持てるようにもしたいものです。

 

自信は経験を積み重ねて、思うような結果や評価を受けながら付いてくるものかも知れません。

 

他人にどの様に思われているのか?ではなく、自分は他人に何ができるのか?

 

こんな意識を持たれても効果はありそうですよ!

実際に思考パターンを変えるトレーニングではその人に合わせて少しやり方や順番が異なりますが試してみる価値もありそうです。

 

 

他人にどう思われようが勝手だ!!

と一言で片づけてしまうのは将来的に考えると危険そうな気もします。

 

ここでは、自分の言動が周りにとってどのような影響を与えているのか?を少し考えてみると自分の人生の未来にとって役に立つかも知れません。

 

すぐには変化しないかも知れませんが、自分がどう思われているかより

自分が相手にどんな風に思われたいのか?

 

この理想像を明確にしてみるのも一つかも知れません。

そして自分は他人からこう見られたい!

そうなれる様に日々やってみるのもいいかも知れませんよ!!

 

 

他人に合った時に

『意識を向けるところを変化させる』

 

心配をするよりそのことに意識を向けられると少しづつ変化を感じることができそうです。

 

継続させていくことでそれが当たりまえになってくるかも知れません。

心配が癖になったのなら

癖付けさせることは間違いなくできるのですから

 

これからは自分にとってプラスになるような癖付けをされていくのも価値が高そうです。

 

本日も最後までご覧いただき誠にありがとうございました!

明日は人に会うのが楽しみになるといいですね!!

桜井塾からのお知らせ
今月のセミナー及び無料体験説明会のお知らせ

今月のカウンセリングのご予約状況

お問い合わせは

011-252-9588

info@teamfree.main.jp


 

 

伝わらないと悩んだ時にはこのスキルが役に立つ!

伝わらないと悩んだ時にはこのスキルが役に立つ!

 

2月21日 本日も当ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。

札幌 桜井塾の塾長ブログにようこそ!

 

『伝わらない』伝わらなくてイライラしたことはありますか?これはいっぱいいそうですね。

どんな例え話しをしてもどんなに言い方を変えても伝わらない時、分かってもらえない時もありそうです

自分の言い方が悪いのか?相手の理解力に問題があるのか?知識に差がありすぎるのか?原因は色々ありそうですが、どんな人にでも伝わる話し方ができると人生がスムーズに歩めそうです。

相手の批判をして得があれば別かも知れませんが、話しが伝わらないと何かと不便そうです。しかし、どうして伝わらないのでしょうか?どうすれば上手く伝わるのか?

色々な状況がありますので一概には言えませんが、お互いに視野が狭くなっている時もあります。

なので、この場合はお互いが自分の意見を通したいことで一生懸命になりやすく、聞き手も話しを聞きながら頭の中では違う意見を考えていて、いつ反論しようか、いつ意見しようかと今か今かとタイミングを見計らっているケースもあります。

この場合、聞き手はほとんど相手の話しを聞いていない可能性がありそうです。

 

 

このような経験はありませんか?

一生懸命話しをしているのに伝わっていない。確認をしても少し解釈が違った答えが返ってきたり、数日後には聞いてませんと言ってきたり。

どうにかして分かってもらいたいと努力するのに伝わらない。

この場合、相手の思考が話しの途中から脱線してしまっていることが多いようです。特に説明をしている時に多くみられる現象なのですが、話しの途中からその話しを自分に当てはめて考えだして、そこからまた違うことに思考が飛んでしまうので、その間の話しは耳には入っても理解はしていないことが多いようです。

もちろん、話しが途中抜けているのでなんの話しなんだか訳が分からなくなってきたり、そこでまた一生懸命話しをされてもその話しの前が抜けているので例え話しをされても意味が分からない・・・・・と言う結果になりやすいんです。

 

例えば、『Aさんにはこのように伝えると上手く伝わるよ!』なぜかと言うとAさんは論理的だから数字とかも入れながら伝えると理解してもらいやすくて・・・・・・・

このような話しをきいていると聞き手は頭の中で、『どうして数字とかを入れた方がいいんだろう?・・・・・・・・・・』

この『どうして・・・・・』の辺から、あなたの話しは理解不能な状態になってしまいそうです。

そして、数字と言えば前にもそんなこと言ってる人がいたよな~、え~と確かあれは~・・・・・あ!そうだ思い出した!あの時・・・・・・・・・・・

みたいな感じで思考が飛んでいる現象が起こりやすいのです。

そんな経験はありませんか?

 

 

相手の意識が別へと離れてしまう時は、同じ伝わるように話しをすると言っても少し厄介な時があります。確かに話しは『どう伝えたかよりどう伝わったか?』が重要となってくるのですが、上手く伝わるようにと言っても相手の状況によっては対応の仕方も変わってくるんです。

一概に相手に伝わるように話すには○○です!と解決できるものばかりではないと言うことです。よく書籍やインターネット、セミナーや講座などで学ばれても、やっぱり上手く伝えることができない。やっぱり私には難しい・・・・・・・と諦めている方がいますが、それはあなたができないのではなくて仕入れた情報が抜けていたのかもしれませんよ!

しっかりと相手に伝えられる人は、相手によってプロセスを変化させていると思います。

もちろんスキルも大事なのですが、大切なのは『話しの組み立て』です。

そして、伝わらないと悩んだ時にはこのスキルが役に立ちます!

話しをしている最中に他に意識が向いてしまう傾向がある人に対しては『話しを区切る』ことが大切です。10分の話しであればできるだけ『分けて』伝えるんです。

 

そして、その都度『確認』です。

 

ここで少し注意したいのが『例え話し』を出来る限りしないことです。

話しが長引けば長引くほど相手の意識は他に向かいそうです。相手に分かって欲しい!理解してほしい!と言う思いが強い人の多くに、例え話しがたくさん入る傾向があります。

熱弁のあまり例え話しをしすぎて話している本人が何の話しをしているのか訳が分からなくなる人もいるようです。

そんな経験ありませんか?

 

なので伝わらないと悩んだ時には特別なスキルとかを使うのではなく『話しを小分けして確認しながら進む』方が相手に理解を得られそうですよ。

スキルで言えば五感を有効に使って話してみるのも効果が期待できそうです。でも、注意してくださいね。私の講座ではよく言うことなのですが『組立があってのスキル』です。五感を有効に使って、相手の優位感覚に合わせて話せば伝わる!

おそらく話しの組み立てができていない場合、望む結果は期待できそうもないです。

 

相手の優位的に働いている感覚とは?人は五感を通して物事をインプットしたりしています。

五感と言えば『視覚・聴覚・身体感覚・嗅覚・味覚』ですね。

ここでは嗅覚・味覚は身体感覚に含めてお伝えいたします。相手の話しは『視覚・聴覚・身体感覚』のどれにアクセスして話しをしているのか?どんな優位的感覚を持っているのか?を知っている方がコミュニケーションを上手く図ることができそうです。しかしこれも、少し違って解釈をされている方がいる様です。

 

 

私のところでは現場で使えることを教えています。確かに目の動きなどでもどの感覚にアクセスしているのかが分かったりする時もありますが、実際に会話をしていてずっと相手の目ばかりを意識しているわけではございません。

人間そんなに器用ならいいのですが、そこに意識を取られてしまったらあとの肝心なことはどうすればいいのでしょう?

慣れですよ~って言われる方もいるのかも知れませんが・・・・・・・・

もっと簡単に知る方法があるんです。それに簡単だからながら作業ができるんです。簡単な事をより難しくされる方もいますが、難しことをより簡単にして望む結果を手に入れる!方が良さそうですよね。

 

コミュニケーションは生涯必要なものです。

 

あなたにマルチレベルのコミュニケーションが身についたらどんなことに役立ちますか?

どんなことが変わって行くでしょうか?

もし、そんなことを思っているのであれば・・・・・・・

 

実践で使えるスキルとノウハウを身に付けて自分に役立たせたい!

3月4日(土)13:00~14:00 心理学講座の無料説明会があるのでご興味がある方は

こちらをクリック↓

 

 

桜井塾からのお知らせ
今月のセミナー及び無料体験説明会のお知らせ

今月のカウンセリングのご予約状況

お問い合わせは

011-252-9588

伝わらないと悩んだ時にはこのスキルが役に立つ!

伝わらないと悩んだ時にはこのスキルが役に立つ!

 

2月21日 本日も当ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。

札幌 桜井塾の塾長ブログにようこそ!

 

『伝わらない』伝わらなくてイライラしたことはありますか?これはいっぱいいそうですね。

どんな例え話しをしてもどんなに言い方を変えても伝わらない時、分かってもらえない時もありそうです

自分の言い方が悪いのか?相手の理解力に問題があるのか?知識に差がありすぎるのか?原因は色々ありそうですが、どんな人にでも伝わる話し方ができると人生がスムーズに歩めそうです。

相手の批判をして得があれば別かも知れませんが、話しが伝わらないと何かと不便そうです。しかし、どうして伝わらないのでしょうか?どうすれば上手く伝わるのか?

色々な状況がありますので一概には言えませんが、お互いに視野が狭くなっている時もあります。

なので、この場合はお互いが自分の意見を通したいことで一生懸命になりやすく、聞き手も話しを聞きながら頭の中では違う意見を考えていて、いつ反論しようか、いつ意見しようかと今か今かとタイミングを見計らっているケースもあります。

この場合、聞き手はほとんど相手の話しを聞いていない可能性がありそうです。

 

 

このような経験はありませんか?

一生懸命話しをしているのに伝わっていない。確認をしても少し解釈が違った答えが返ってきたり、数日後には聞いてませんと言ってきたり。

どうにかして分かってもらいたいと努力するのに伝わらない。

この場合、相手の思考が話しの途中から脱線してしまっていることが多いようです。特に説明をしている時に多くみられる現象なのですが、話しの途中からその話しを自分に当てはめて考えだして、そこからまた違うことに思考が飛んでしまうので、その間の話しは耳には入っても理解はしていないことが多いようです。

もちろん、話しが途中抜けているのでなんの話しなんだか訳が分からなくなってきたり、そこでまた一生懸命話しをされてもその話しの前が抜けているので例え話しをされても意味が分からない・・・・・と言う結果になりやすいんです。

 

例えば、『Aさんにはこのように伝えると上手く伝わるよ!』なぜかと言うとAさんは論理的だから数字とかも入れながら伝えると理解してもらいやすくて・・・・・・・

このような話しをきいていると聞き手は頭の中で、『どうして数字とかを入れた方がいいんだろう?・・・・・・・・・・』

この『どうして・・・・・』の辺から、あなたの話しは理解不能な状態になってしまいそうです。

そして、数字と言えば前にもそんなこと言ってる人がいたよな~、え~と確かあれは~・・・・・あ!そうだ思い出した!あの時・・・・・・・・・・・

みたいな感じで思考が飛んでいる現象が起こりやすいのです。

そんな経験はありませんか?

 

 

相手の意識が別へと離れてしまう時は、同じ伝わるように話しをすると言っても少し厄介な時があります。確かに話しは『どう伝えたかよりどう伝わったか?』が重要となってくるのですが、上手く伝わるようにと言っても相手の状況によっては対応の仕方も変わってくるんです。

一概に相手に伝わるように話すには○○です!と解決できるものばかりではないと言うことです。よく書籍やインターネット、セミナーや講座などで学ばれても、やっぱり上手く伝えることができない。やっぱり私には難しい・・・・・・・と諦めている方がいますが、それはあなたができないのではなくて仕入れた情報が抜けていたのかもしれませんよ!

しっかりと相手に伝えられる人は、相手によってプロセスを変化させていると思います。

もちろんスキルも大事なのですが、大切なのは『話しの組み立て』です。

 

そして、伝わらないと悩んだ時にはこのスキルが役に立ちます!

 

話しをしている最中に他に意識が向いてしまう傾向がある人に対しては『話しを区切る』ことが大切です。10分の話しであればできるだけ『分けて』伝えるんです。

 

そして、その都度『確認』です。

 

ここで少し注意したいのが『例え話し』を出来る限りしないことです。

話しが長引けば長引くほど相手の意識は他に向かいそうです。相手に分かって欲しい!理解してほしい!と言う思いが強い人の多くに、例え話しがたくさん入る傾向があります。

熱弁のあまり例え話しをしすぎて話している本人が何の話しをしているのか訳が分からなくなる人もいるようです。

 

そんな経験ありませんか?

 

なので伝わらないと悩んだ時には特別なスキルとかを使うのではなく『話しを小分けして確認しながら進む』方が相手に理解を得られそうですよ。

 

スキルで言えば五感を有効に使って話してみるのも効果が期待できそうです。でも、注意してくださいね。私の講座ではよく言うことなのですが『組立があってのスキル』です。五感を有効に使って、相手の優位感覚に合わせて話せば伝わる!

おそらく話しの組み立てができていない場合、望む結果は期待できそうもないです。

 

相手の優位的に働いている感覚とは?人は五感を通して物事をインプットしたりしています。

五感と言えば『視覚・聴覚・身体感覚・嗅覚・味覚』ですね。

ここでは嗅覚・味覚は身体感覚に含めてお伝えいたします。相手の話しは『視覚・聴覚・身体感覚』のどれにアクセスして話しをしているのか?どんな優位的感覚を持っているのか?を知っている方がコミュニケーションを上手く図ることができそうです。しかしこれも、少し違って解釈をされている方がいる様です。

 

 

私のところでは現場で使えることを教えています。確かに目の動きなどでもどの感覚にアクセスしているのかが分かったりする時もありますが、実際に会話をしていてずっと相手の目ばかりを意識しているわけではございません。

人間そんなに器用ならいいのですが、そこに意識を取られてしまったらあとの肝心なことはどうすればいいのでしょう?

慣れですよ~って言われる方もいるのかも知れませんが・・・・・・・・

 

もっと簡単に知る方法があるんです。それに簡単だからながら作業ができるんです。簡単な事をより難しくされる方もいますが、難しことをより簡単にして望む結果を手に入れる!方が良さそうですよね。

コミュニケーションは生涯必要なものです。

あなたにマルチレベルのコミュニケーションが身についたらどんなことに役立ちますか?

どんなことが変わって行くでしょうか?

 

もし、そんなことを思っているのであれば・・・・・・・

 

実践で使えるスキルとノウハウを身に付けて自分に役立たせたい!

3月4日(土)13:00~14:00 心理学講座の無料説明会があるのでご興味がある方は

こちらをクリック↓

 

 

桜井塾からのお知らせ
 

今月のセミナー及び無料体験説明会のお知らせ

今月のカウンセリングのご予約状況

 

お問い合わせは

011-252-9588