相手に悩みを相談をする!カウンセラー?どんな人にすれば?

相手に悩みを相談をする!その前に気を付けたい2つのこと!

本日も当ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。

3月16日 札幌 桜井塾の思考パターンが変わる!塾長ブログにようこそ!!

 

相手に悩みを相談をすることは生きていればありそうです。しかし、相談する前に少し考えたいことが2つあります。

その気を付けたいこととは

 

聴いて欲しいだけか解決したいのか?

まず、最初に考えたい一つに聴いて欲しいだけなのか?それとも解決したいのか?と言うことです。私の所でもカウンセリングはおこなっておりますが一番最初にクライアント様には言っていませんが確認しているところがあります。

もちろん、当塾で行なっている資格取得講座の一つ、メンタルカウンセラー養成講座の中でもお伝えしていることですが、これはとっても大切な事です。

カウンセラーが確認することも大切ですが、これは相談をしたい!と思われている方にも大切な事です。

 

それは

聴いて欲しいだけなのか?

解決したいのか?

 

ここをはっきりしてからご相談に行かれた方がお互いにスムーズに話しが進んで行きそうな気もします。これはお友達に相談する時も、カウンセラーに相談する時も同じかも知れません。

カウンセラーの場合はそのカウンセラーが何をする人なのかを調べてから行かれるとお金も時間も無駄になることが少なくなるかも知れませんね。

カウンセラーのところへ行く場合、ただお話しを聴いて欲しいだけなら料金も安く済む場合も結構あるかも知れません。解決となると少々お値段も高い人もいそうです。時間給と技術料といったところでしょうか。

そこで気を付けたいのがあまりカウンセリング技術を持っていらっしゃらないカウンセラーさんのところへ行くことです。

それなりの技術があれば指示やアドバイスばかりではなく、それなりのテクニックを使って気づきを与えてくれたり、導いてくれたりしそうです。

しかも、導くべきところにしっかりと導いてくれそうです。

 

 

話しを聴いて欲しいだけ!その時に相手が気づかずに『何とかして解決して見せる!』と思っていたら話がかみ合わない場合もありそうです。

プロのカウンセラーならすぐに分かることかな?って思いますが・・・・・・・

お友達に相談する場合にはどうでしょう?相手がお仕事でもないのに見分けることを意識して話しを聴いてくれるのか?少し疑問が残りそうです。

相談してきているんだからきっと何か言って欲しいはず!と思い込み一生懸命アドバイスをしてきたり提案をしてきたりする可能性もありそうです。

なので、お友達に相談をする場合も自分が何をしたいのか?相手に何をしてほしいのか?を考えてから相談相手を選ばれる方がいいのかも知れませんね。

 

話しが食い違ってしまう原因とは

その原因とはまさにここにありそうです。

『お互いの認識の違い』

お話しだけを聞いて共感して欲しい!この場合にはそうしてくれる相手を探し、その方にお話しをするとお互いがストレスをためないで済みそうです。

 

アドバイスが欲しいときにも2つに分かれるかも知れません。

【1つ目】

アドバイスを聞いてそのように試してみたいから成果の出そうなアドバイスが欲しい!

この場合は、それなりの知恵と知識がある人を選ばれた方がいいかも知れませんね。まず、その人自身が悩んでいないとか精神的に病気じゃないとか、人生上手くいっている、いつも明るい!などなど

【2つ目】

アドバイスを聞いて何となく自分がそうしてみてもいいかな?って思った時に試してみたいとか、そのようにしてみたいとか、そんな時かもしれません。

ただ、ここでも先ほど同様、せっかくアドバイスをもらうなら少し試してみようかな?って思えるようなアドバイスをくれる人にお話ししてみる方がいいかも知れませんね。

 

お悩みを解決したい場合には

お悩みの内容にもよりますが、プロに頼むのが成果を期待できそうな感じもします。

 

桜井塾ではお悩みを抱えてお困りの方に無料相談も受け付けております。

 

プロに頼むと言ってもリサーチは必要かも知れません。悩み癖がある人ならなおさら腕のいいカウンセラーさんのところへ行かれた方が良さそうです。

この時に、そのカウンセラーさんがどのような人を対象としてカウンセリングをおこなっているのか?時間や料金もそうですがお悩みを聴く人なのか?アドバイスをする人なのか?解決をする人なのかなどは知っておいた方がいいのかも知れませんね。

 

プロのカウンセラーの元へ行けば、リラックスしてくださいね!なんて言わなくても自然にリラックスができるように導いてくれるでしょう~

そして、クライアント様が自然と本音を話せるようにも導いてくれるでしょう。

そして、クライアント様が悩みから解放される扉に気付かせてくれて、きっとその扉をあけることができる鍵の在り処へと導き、クライアント様がその鍵でその扉を開けて外に出れる勇気すらもたらしてくれるでしょう。

 

もちろん自然にその様に導けるのにはスキルとノウハウが必要です。

そんなスキルやノウハウはお仕事以外でも生涯役に立つ・・・・・・・続きはこちらから

 

 

お話しを聴くだけ。

アドバイスをするだけ。

解決をする。

生きていればどれも必要な時もあるのかも知れません。しかし、気を付けたいのは『お互いの思いに食い違いがないか?』ここは意識して選定された方がお互いにストレスをためずに済みそうな気もします。

生活していく上で悩み事がでる場合もありそうです。そんなとき身近に相談できる相手やアドバイスをくれる相手や信頼できるカウンセラーがいるとすごく安心できそうな気もします。

その中でも一番持っていたいのは『相談できる家族や仲間』ではないでしょうか?

普段から、自分も相手に心を開き相手に親切にして優しくしていると、困った時には心強そうな人たちが周りに居そうな気もします。

 

まとめ

相手に悩みを相談をする!する前に気を付けたい2つのこととは

1・相談をする前に相手に何をしてほしいのかを決める

2・望みを叶えてくれる相手を選ぶ

 

そのために・・・・・・・・・・

普段からしておきたいことが3つありそうです。

1・相手に親切にする

2・相手のことを理解しようとする

3・相手に優しくする

 

そして『相手の都合も聴いてあげる!』と人生ますますスムーズに生きていけそうな気もします。

 

最後に

『普段から相手の気持ちを考える!』

 

 

本日も最後までご覧いただき誠にありがとうございました!

明日は思ったことができますよ~に!

桜井塾からのお知らせ
今月のセミナー及び無料体験説明会のお知らせ

今月のカウンセリングのご予約状況

お問い合わせは

011-252-9588

info@teamfree.main.jp


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA