私が悪いの?2月10日 札幌 桜井塾の塾長ブログ

私が悪いの?・・・・・

本日も当ブログにお越しいただき誠にありがとうございました。

2月10日 札幌 桜井塾の塾長ブログへようこそ

 

どうしてわかってくれないの・・・・・・

 

自分は正しいと思っているのに・・・・・どうしてみんな分かってくれないの?

 

こんな思いをしたことがある人もいるのではないでしょうか?

人にはそれぞれ価値観や世界観の違いから物事を見る目や捉え方、そして判断基準、選択肢など様々なことが変わってきます。

そもそも、物事の考え方が変われば、同じ景色を見ていても見ているところに違いがでたり、捉え方も変わったりしていきますが、分かっていてもなかなかできないのが難しいところかも知れませんね。

数人で一緒に街を歩いていても、同じ場所を同じ時間に同じ方向を向いて歩いているのに人それぞれ目に移り認識されるものは違う時ってありますよね。

 

正しい?正しくない?

 

こちらも、物事によっては見る角度や位置が変わると判断も変わってきそうな・・・・・

 

 

自分の視野は広い?狭い?

 

いつも自分は正しい!と考えていると、どんどん視界が狭くなってきてしまう恐れも・・・・・・・・・

そうすると・・・・・・

 

『自分は○○なのに・・・・・みんな認めてくれない・・・・・』と言う欲求不満を抱いてしまうことも。

 

この状態が続くと

『自分のことは棚に上げてしまう』ようになってしまう人も少なくありません。

私は正しい!!

私は良く考えているし!

私は間違ってない!

など、この信じて疑わないことが続くと・・・・・・・

上手くいかない、思い通りにいかないことはすべて『人のせい』にしてしまうことも・・・・・・

 

いつもイライラ・・・・・

そして『被害者意識』が湧く起こって・・・・・・・

とても敏感になっていき、自分の意見が少しでも通らないと、否定された!認めてもらえてない!と感じ

怒りが込み上げて攻撃的になってしまうことも・・・・・・

 

毎日イライラ・・・・・・

 

お心当たりはございますか?

 

その癖は治したいですか?

 

視野を広げて!相手の立場になって!などよく耳にしますが、なかなかできないのが現実なのではないでしょうか?

 

立ち位置を変えてみて!客観的に・・・・・など言うのは簡単なのですが、実際に意識してみても・・・・・・

 

上手くいかない

 

どうすればこの欲求不満

 

イライラはなくなるの?

 

なぜ、一つの方向でしか物事を見れないのか?

 

どうして他の考え方はできないのだろうか?

 

なぜ、なぜ、なぜ?考えてもきりがない・・・・・・・

 

大事なのはステップです。

 

いっぺんにジャンプするような変化の仕方はなかなか望む結果を招くことができないかもしれません。

 

いくつかのステップに分けることが大切です。

 

では、どの様なステップを踏んで行けばいいのでしょう?

 

ゴールが客観視できるようになると言うことであれば

 

まずはここから・・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA