自分に都合がいい情報を集める人が陥る!最も危険な罠とは?

自分に都合がいい情報を集める人が陥る!最も危険な罠とは?

 

本日も塾長ブログへお越しいただき誠にありがとうございます。

3月24日 札幌 桜井塾の思考パターンを変える塾長ブログへようこそ!!

 

人は時に自分の都合のいい情報ばかり集めてしまう時があったり・・・・・・・・・・・・

『自分は正しい!!』

これの度が過ぎると後々困ったことにもなってしまったり・・・・・・・・・・・・・

 

真実から目を背けてしまう・・・・・・・・・・・・・・・・

自分が正しい!と証明する情報は探すが、反証となる情報は受け付けない・・・・・・・・・・・・・

自分と同じ意見の人を探し求めてみたり・・・・・・・・・・・・・・・・

 

こんな作用が働いて来たら少し用心をされてもいいのかも知れません。

そしてこの作用は『確証バイアス』と呼ばれています。

 

もしかしたら、多くの方が『間違いより正しい』方がいいと思っていそうですよね。

もし、自分の信じているもの、信念が否定されたらどうでしょう?

あなたは、再確認ができる情報を集めますか?

 

【確証バイアスとは】

自分の考えが正しいのか?違うのか?を検証する時に、自分の考えを証明できる情報ばかりを探し、反証情報にはフォーカスしない傾向が強く出てしまう。

これを『確証バイアス』といいます。

 

例えば

Aと言うことを耳にしたとします。その情報を裏付けるものが見つかると、この情報は正しいと証明されたような気になってしまうことも・・・・・・・・・・・

しかし、よくよく調べると反証情報の方がかなり多かった・・・・・・・・・・・・・・

なんてこともあるかも知れませんね。

 

よく心理学の例え話しにもでてくるものに『血液型と性格』があります。

A型の人=几帳面

B型の人=マイペース

などと言われていたり・・・・・・・・・・

ここには『バーナム効果』の働きもあるのかも知れませんね。

 

話しは戻りますが、出来れば人を判断する時も一つの情報だけで決定しないで、色々な側面から見て、出来ればその人の良いところなども見てから判断をしていきたい!そう思っている人もいるのではないでしょうか?

 

『自分の世界観と一致する視点』

 

これが原因の一つかもしれませんね。

 

 

できれば、視野を広く持って生きていけるとストレスも少なくなってきそうです。

他人の経験から学ぶことも時には必要だったりもしそうです。

 

しかし、ここで気を付けたいことが・・・・・・・・・・・・・・・

自分が良かれと思っていたAと言う情報を多くの人がその意見に賛同した時。

あなたの信頼する人はBだと言う。

あなたは考えて、調べてみてもAだと思う。

しかし、あなたの信頼する人はその道のプロ

だが、調べてみても周りに聞いても答えはやはりAだった。

 

あなたはこんな時、どうしますか?

 

本日も最後までご覧いただき誠にありがとうございました!

今日の残りも、視野を広く持てるといいですね~!

桜井塾からのお知らせ
今月のセミナー及び無料体験説明会のお知らせ

今月のカウンセリングのご予約状況

お問い合わせは

011-252-9588

info@teamfree.main.jp


 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA