他人の視線が気になる!人見知りしてしまう人が治っていく

 

気になる!

どこに行っても気になる!

他人の視線が気になる!!

人にどう思われているのかが気になる・・・・・・・・・・・・・・・

 

本日も当ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。

4月21日 札幌・桜井塾の思考パターンを変える塾長ブログへようこそ!!

 

心配になってしまう。

ついつい余計な事を考えてしまう。

あることないことを考えてしまう・・・・・・・・・・・・

 

もし、そんな自分が変われるとしたら

 

変わりたい!!

 

と言う方の声もたくさん聞こえてきそうですね。

 

どうして気になってしまうのか?

 

これはいったいどんな影響を受けてそうなっているのか?

 

この人たちによく見受けられる傾向として『会話ができない』なんて人も多そうです。

 

気になり過ぎてどの様に接すればいいのか分からなくなっていき、自分からは話しかけない、話しかけられても会話を続けるのがイヤだったり・・・・・・・・・・・・

 

こんな時もやはり

 

多くの方が『上手く話そう』と言う思いが強いのかも知れません。

誰でも最初は緊張しそうですね。

 

これからお話しする内容も

『上手く!!』

『過剰な理想』

と言う意識がとても強くなってしまうとこんな傾向も出てくる!なんてことをお話ししていきます。

 

人の目や気持が気になる人に多く見受けられる傾向としては

 

自意識過剰

公的自己意識

私的自己意識

など、原因は色々とありそうです。

 

【自意識過剰】

いつも他人の視線が気になってしまう

きっと自分のことをこう思っているのかも・・・・・・・

自意識過剰になると、このような思考が働いてしまうので疲れてしまいそうです。

 

自意識過剰の人はどのようにすれば治って行くのか?

これもその人その人で合う方法があるのかも知れませんが、おすすめを一つお伝えいたします。

 

『他人にどの様に思われていたとしても何も変わらない』

 

と言うことです。

 

仮に、良く思われていても、悪く思われていても、それを考えたところで何も変わらないような気もしますね。

 

ただ、桜井塾では実際に人生をより良くしていくことを心がけています。

どう言うことかと申しますと

 

例えば、周りからどんどん人が離れていって今では一人ぼっち

ここでの仮説は

①本人が周りとの接し方に問題がある

②周りにいい人がいない

 

①の場合は、きっと自分の何かを改善された方が今後の人生にとっては価値が高そうです。

②の場合は、付き合うコミュニティーを変えるのも良さそうです。

 

自分ではこうしているつもり・・・・・・・・・・・・・・・

なのに周りのみんなが・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

改善点があれば改善をして、後は相手に優しく、思いやりのある対応をしていけば変化は起こりそうです。

 

そんな対応を心がけていけば『自信も付いてきそうな感じがします』

そのころには、余計な心配をしても現状は何も変わらないことにもしっくりくるようになってきそうです。

 

ここで肝心なのは、本当は他人がどう思っているのかは分からないのだから、

こう思われているかも・・・・・・・・・・・・・・・

と思っているのは自分だけ!と言う可能性もあると言うことなのですが、今後を考えた場合、これを機に自分に自信を持てるようにもしたいものです。

 

自信は経験を積み重ねて、思うような結果や評価を受けながら付いてくるものかも知れません。

 

他人にどの様に思われているのか?ではなく、自分は他人に何ができるのか?

 

こんな意識を持たれても効果はありそうですよ!

実際に思考パターンを変えるトレーニングではその人に合わせて少しやり方や順番が異なりますが試してみる価値もありそうです。

 

 

他人にどう思われようが勝手だ!!

と一言で片づけてしまうのは将来的に考えると危険そうな気もします。

 

ここでは、自分の言動が周りにとってどのような影響を与えているのか?を少し考えてみると自分の人生の未来にとって役に立つかも知れません。

 

すぐには変化しないかも知れませんが、自分がどう思われているかより

自分が相手にどんな風に思われたいのか?

 

この理想像を明確にしてみるのも一つかも知れません。

そして自分は他人からこう見られたい!

そうなれる様に日々やってみるのもいいかも知れませんよ!!

 

 

他人に合った時に

『意識を向けるところを変化させる』

 

心配をするよりそのことに意識を向けられると少しづつ変化を感じることができそうです。

 

継続させていくことでそれが当たりまえになってくるかも知れません。

心配が癖になったのなら

癖付けさせることは間違いなくできるのですから

 

これからは自分にとってプラスになるような癖付けをされていくのも価値が高そうです。

 

本日も最後までご覧いただき誠にありがとうございました!

明日は人に会うのが楽しみになるといいですね!!

桜井塾からのお知らせ
今月のセミナー及び無料体験説明会のお知らせ

今月のカウンセリングのご予約状況

お問い合わせは

011-252-9588

info@teamfree.main.jp


 

 

観察!自分ではやってるつもり!相手はどう思ってるの?

自分ではやってるつもり!相手はどう思ってるの?

 

本日も当ブログへお越しいただき誠にありがとうございます。

3月2日 札幌 桜井塾の塾長ブログへようこそ!!

 

自分の思いが相手にどのように伝わっているのか?

気になるところですよね~

 

そんなつもりじゃ~・・・・・・・・・・・・・

 

え!そんな風におもってないよ~・・・・・・・・・・・・

 

ちゃんと○○してるじゃないですか~・・・・・・・・・・・・・・・

 

自分の言動が相手にどの様に伝わっているのか?どの様に解釈されているのか?コミュニケーションをとっていく上でこれは意識しておきたいところかも知れませんね。

 

コミュニケーションをとっていくときに意識したいのが『どう伝えたか?よりどのように伝わったか?』かも知れませんね。

自分ではこのように分かりやすく伝えている!

これがつもりだったら・・・・・・・・・・・・・

意識したいのは『相手にはどの様に伝わっているの?』かも知れません。

 

コミュニケーションを上手くとっていくためには、いくつか意識して取り組んだ方がスムーズにやりとりできることもありそうです。

 

やはり『観察・確認』をおこなっても無駄にはならないような気もします。

 

よくお勉強や知識をお持ちの方に『観察が大事なんです!』と言っているのを耳にすることがあるのですが

ここで少し疑問を抱くことも・・・・・・・・・・

それは

『観察はしているみたいだけど・・・・・・・・・はたして何のために?』

このような疑問を抱いてしまう時があるんです。

見ていると確かに相手を見てはいる様なのですが・・・・・・・・・・・・

 

私の講座でもコミュニケーションをスムーズに進めて行くときには『観察をされた方がいいですよ~』と伝えています。

では、何のために?その観察はしているのか?

ここが大切そうです。

 

何のために観察をしているのか?

これは

『相手の変化を見ながら伝え方や話題などを変化させたいから』なんですね。

 

 

もし、あなたが『自分に興味がないことを1時間ずっと話していたら・・・・・・』そのあとも聞きたいですか?

1時間我慢して聞いていますか?ま~世の中には面白くお話しができる人もいるのですべてに当てはまるとは思いませんが。

 

ちょっと退屈・・・・・・話題を変えたい・・・・・・・面白くない・・・・・・・なんて思われる方もいるのかも知れませんね。

 

できれば、相手がつまらなそうな感じでしたら話題を変えてみたりできると、相手にとってもいいのかも知れませんね。

 

なので『観察』って大事そうですよね。

大事な話しなら『確認』もしながら話しを進めて行きたいものです。

 

自分の思いと相手の思い

ここが合わないと上手くいかないことも出てきそうな感じがしそうです。

 

『自分は○○だと思っている!』

 

果たして相手の受け取り方はどうなのでしょう?

 

自分はイケてるつもり・・・・・・・・・・・・・しかし周りの反応は?いかに・・・・・・・・・・

 

できればマッチさせて行けた方がいいのかも知れませんね。

 

ただ、少し注意しておきたいことも・・・・・・・・・・それは、

『人類全員に好かれる!』世界征服の様な意識をもとれると結構苦労しそうな感じがします。

 

世界で有名な方でも支持率で言えば何パーセントぐらいなのでしょう?

世の中には人の批判ばかりする方もいるかも知れません。人の批判をすること、人の悪いところを探す!このような思考パターンが構築されているともれなくプレゼントがいただけるのかも知れません。

どんなプレゼントなのか?

 

それは

 

こちらです!!  ↓

 

 

もし、これを通してみると人の悪いところが良く見える!としたら・・・・・・・

目に入ってくるのは人の悪いところばかりかも知れません。

人の悪いところばかり見えるとそのように認識もしそうです。すると口から出てくる言葉にも影響を及ぼしそうな気がします。

もちろん視野も狭そうですね。

固定観念はこのように視野が狭いものなのでしょうか?

 

 

赤色のサングラスをしていると周りは赤く見てるような・・・・・・・・・・

茶色であれば茶に見えているような・・・・・

オレンジであればオレンジのような・・・・・・・・・・・・・・(サングラスによっては外の色がクリアーなものもあるかも知れませんが)

 

サングラスなら外せば済む話しかも知れませんが、その人の価値観などでつくられたレンズやフィルターはそう簡単には外せないのかも知れませんね。

 

自分の思っている姿と相手から見た姿

 

こちらも誤差がある時もありそうです・・・・・・・・・・・・

 

果たして『ピントは合っているのか?』???????

 

自分で思っているパフォーマンスが周りにもそのように映し出されているといいですよね。

 

『人のふり見て我がふりなおせ!』なんて言葉もありますよね。

 

『観察』コミュニケーションの時にはおこなった方が良さそうですが・・・・・・・・・・・・

 

まず、最も観察したいのは

 

そう

まさしく『自分自身』かも・・・・・・・・・・・・・・

 

よく自分を観察して調整することも大切かも知れませんね。自分の思っているパフォーマンスが周りにはどの様に映っているのか?少し気にしてみるのも価値がありそうです。

 

 

ここでも注意が必要かも・・・・・・・・・・

人目を気にして本来のパフォーマンスに影響が出るようでは・・・・・・・・・・・・・

バランスよく調整してみるといいかも知れませんね。

 

この人が私のこと○○って言っているに違いない

みんなが私のこと○○だと思っているに違いない

 

など、周りがどう思っているのか?

 

ここに意識が向いてしまうと明るい未来は期待できないような・・・・・・・・・・・・・

 

では、どうすれば・・・・・・・・ってお思いの方!→ こちらもご覧ください!

 

 

本日も最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

明日も楽しみをみいだして喜びを感じられますように!!

 

桜井塾からのお知らせ
今月のセミナー及び無料体験説明会のお知らせ

今月のカウンセリングのご予約状況

お問い合わせは

011-252-9588

 

コミュニケーションが苦手!を克服できる方法!

コミュニケーションが苦手!を克服できる方法!

 

本日も当ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。

2月24日 札幌 桜井塾の塾長ブログへようこそ!!

 

人間関係が苦手で・・・・・・・結構耳にする機会が多いです。コミュニケーションが苦手。話すのが苦手。

こういった方も多いのかも知れませんね。

 

人それぞれ捉え方や考え方などが違い意見が合わない!気が合わない!など不満なども多そうです。全く意見が合わない!どうも合わない!苦手!など問題は山積みな方もいるかも知れません。

 

どうすればこのすれ違いは改善できるのか?

これからもずっとお付き合いをしていかなければならないのであれば対応策も変わってくるのかも知れませんが、今日は初対面やあまり話しをしたことがない人とはどのように会話を進めていけばいいのかについてお話ししていきます。

もちろん、これはどなたにも使えますので初対面であろうが、あまり話しをしたことがない相手に対しても使えます。

 

話しが続かない人に多くみられるのが

YES、NOで答える様な問いかけをする→ハイかイイエで話しが終わりそう・・・・・・・・

初めから具体的な話しをする→知らない。興味ない。分からない。など相手にマッチしないことも・・・・・・・・

どちらも話が続く確率は低そうです。

 

 

そして沈黙・・・・・・・・・

なにか話さなきゃ・・・・・・・・・・今日はあったかいですね?・・・・・・・・・はい・・・・・・・・

沈黙・・・・・・・・・

とても気まずい展開ですよね。しかも焦りますよね。そうすると余計YESかNOで答えるような問いをしてしまいそう。

できればスムーズに話したい!話しを盛り上げたい!気の利いたことでもいいたい!など色々と要望はあるかも知れませんが、まずは会話が途切れずに進めていけることをこころがけたいところですね。

コミュニケーションが苦手!を克服できる方法としてどの様なものが役に立ちそうなのか?できれば簡単な方法がいい!

ですよね~!

今日はできるだけ簡単な方法をお伝えしたいなって思ってはいますが、試してみて初めっから上手くいくなんて考えないでくださいね!

 

会話の出だしはできるだけ、誰にあてはまるようなお話しから始めたいものです。

これはなぜなのか?

例えば、『お寿司のウニが好きなんですけどやっぱりウニはいいですよね~』と言ってみたが、相手は、『私はウニがあまり好きではないんです・・・・・・・』

はい!

これでこの会話は終わりを向かえ・・・・・・・・・・

お次は、『お酒は日本酒がいいですよね~?』と言ってみたが、『私、お酒飲まないんです・・・・・・・・・』

これも話しは終わりを向かえそうですね。

そして沈黙・・・・・・・・・なんか話さなきゃ・・・・・・・・えーと・・・・・・・・・え~・・・・・・・・と

 

そ・・・そうだ!野球好きですか?

『私スポーツに興味がないんです・・・・・・・・・・』

 

そしてこの時、相手の頭の中では『この人とは合わなそう・・・・・・・』みたいなことが実際によくありそうな・・・・・・・・

 

そんなことにならないように、まずは一般的なこと。できれば誰にでもあてはまりそうなことから話しを切り出してみる方が話が続き広がっていく可能性がありそうです。

 

例えば、『どんなことに興味を持っているんですか~』または、『楽しいな~って思う時ってどんな時ですか~』など、もちろん相手をみて言葉は変えた方がいいですよ~

 

中には『何にもない』とか『楽しい時なんてない』とか、そういう返事が返ってくる可能性もなきにしもあらずですから。

 

なのでここでは一般的に当てはまりやすそうなことを例に挙げてお話しをさせていただきますね。

 

『食事ではどんな系が好きなんですか~?』和?洋?中?みたいな感じで聞かれるのも良さそうですね。

出来るだけ多くの人に当てはまり、どんな人でも経験が合ったりするようなことから切り出すのが良さそうです。

 

もし、食事に誘いたいなんて場合には、そんなことから切り出してみるといいかも知れませんね。そして少しずつ具体的にしていくんです。

例えば、『私は和食が好きなんです』と言う答えが返ってきたら、『和食だと生と焼き、どちらが好きなんですか~』とか『よくいかれるお店とかってあるんですか~』など聞いてみるのもよさそうです。

『私はお寿司が好きなんですよ~』と言う答えが返ってきたら『ちなみに大好物とかってあるんですか~』みたいな感じに進めるのも良さそうです。

『実はウニが大好物なんです!』とかえってきたら、『そういえばこのお店知ってますか?』このお店はとっても美味しくて、しかも、このお店の売りは『ウニなんです』みたいな感じで

『へ~そんなお店があるんですね~』

はい!そこのお店のお寿司はどれもホントに美味しくて・・・・・・・実は・・・・・・・私もウニが大好物なんです!

 

 

みたいな感じで会話を進められるのもいいかも知れませんよ!

 

ポイントは

誰にでもあてはまるようなことから切り出して→具体的にしていく→そしてまた一般的なお話し→具体的

 

こんな感じで進んでいき、相手のテンションに良い変化がみられたジャンルの話しを広げていけると良い結果を招きそうな気がしそうですね。

 

なので、しっかりと『相手の変化を観察』しておくこともおススメです。

 

ここで少し注意しておきたいことがあるんです。

その注意とは、コミュニケーションを上手くとっていこうと思ったら、自分の聞きたいことや、自分が話したいことを話すのではなく、相手が話したいことを話してもらえる様に接していくことです。

 

それは誰でも自分の話したいことと相手の聞きたいこと、相手の話したいことが一致して意気投合して仲良くなれれば、それに越したことはないのですが、中々初めっから巡り合えるのか?・・・・・・・・・・

ちょっと疑問が残ってしまいそう・・・・・・・

 

ここはひとまず安全策で進めてみては・・・・・・・・・

 

会話が途切れないテクニックはたくさんありそうですが、今日は基本的なことについてお話しをさせていただきました。

コミュニケーションが苦手!を克服できる方法!の基本となります。

 

もう一つここで大切なお知らせがあります。

 

会話をしていくときには『非言語』を意識してみて下さいね。

モジモジしてるとイライラする人も世の中にはいそうですからね。

 

本日も最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

 

桜井塾からのお知らせ
今月のセミナー及び無料体験説明会のお知らせ

今月のカウンセリングのご予約状況

お問い合わせは

011-252-9588

 

伝わらないと悩んだ時にはこのスキルが役に立つ!

伝わらないと悩んだ時にはこのスキルが役に立つ!

 

2月21日 本日も当ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。

札幌 桜井塾の塾長ブログにようこそ!

 

『伝わらない』伝わらなくてイライラしたことはありますか?これはいっぱいいそうですね。

どんな例え話しをしてもどんなに言い方を変えても伝わらない時、分かってもらえない時もありそうです

自分の言い方が悪いのか?相手の理解力に問題があるのか?知識に差がありすぎるのか?原因は色々ありそうですが、どんな人にでも伝わる話し方ができると人生がスムーズに歩めそうです。

相手の批判をして得があれば別かも知れませんが、話しが伝わらないと何かと不便そうです。しかし、どうして伝わらないのでしょうか?どうすれば上手く伝わるのか?

色々な状況がありますので一概には言えませんが、お互いに視野が狭くなっている時もあります。

なので、この場合はお互いが自分の意見を通したいことで一生懸命になりやすく、聞き手も話しを聞きながら頭の中では違う意見を考えていて、いつ反論しようか、いつ意見しようかと今か今かとタイミングを見計らっているケースもあります。

この場合、聞き手はほとんど相手の話しを聞いていない可能性がありそうです。

 

 

このような経験はありませんか?

一生懸命話しをしているのに伝わっていない。確認をしても少し解釈が違った答えが返ってきたり、数日後には聞いてませんと言ってきたり。

どうにかして分かってもらいたいと努力するのに伝わらない。

この場合、相手の思考が話しの途中から脱線してしまっていることが多いようです。特に説明をしている時に多くみられる現象なのですが、話しの途中からその話しを自分に当てはめて考えだして、そこからまた違うことに思考が飛んでしまうので、その間の話しは耳には入っても理解はしていないことが多いようです。

もちろん、話しが途中抜けているのでなんの話しなんだか訳が分からなくなってきたり、そこでまた一生懸命話しをされてもその話しの前が抜けているので例え話しをされても意味が分からない・・・・・と言う結果になりやすいんです。

 

例えば、『Aさんにはこのように伝えると上手く伝わるよ!』なぜかと言うとAさんは論理的だから数字とかも入れながら伝えると理解してもらいやすくて・・・・・・・

このような話しをきいていると聞き手は頭の中で、『どうして数字とかを入れた方がいいんだろう?・・・・・・・・・・』

この『どうして・・・・・』の辺から、あなたの話しは理解不能な状態になってしまいそうです。

そして、数字と言えば前にもそんなこと言ってる人がいたよな~、え~と確かあれは~・・・・・あ!そうだ思い出した!あの時・・・・・・・・・・・

みたいな感じで思考が飛んでいる現象が起こりやすいのです。

そんな経験はありませんか?

 

 

相手の意識が別へと離れてしまう時は、同じ伝わるように話しをすると言っても少し厄介な時があります。確かに話しは『どう伝えたかよりどう伝わったか?』が重要となってくるのですが、上手く伝わるようにと言っても相手の状況によっては対応の仕方も変わってくるんです。

一概に相手に伝わるように話すには○○です!と解決できるものばかりではないと言うことです。よく書籍やインターネット、セミナーや講座などで学ばれても、やっぱり上手く伝えることができない。やっぱり私には難しい・・・・・・・と諦めている方がいますが、それはあなたができないのではなくて仕入れた情報が抜けていたのかもしれませんよ!

しっかりと相手に伝えられる人は、相手によってプロセスを変化させていると思います。

もちろんスキルも大事なのですが、大切なのは『話しの組み立て』です。

 

そして、伝わらないと悩んだ時にはこのスキルが役に立ちます!

 

話しをしている最中に他に意識が向いてしまう傾向がある人に対しては『話しを区切る』ことが大切です。10分の話しであればできるだけ『分けて』伝えるんです。

 

そして、その都度『確認』です。

 

ここで少し注意したいのが『例え話し』を出来る限りしないことです。

話しが長引けば長引くほど相手の意識は他に向かいそうです。相手に分かって欲しい!理解してほしい!と言う思いが強い人の多くに、例え話しがたくさん入る傾向があります。

熱弁のあまり例え話しをしすぎて話している本人が何の話しをしているのか訳が分からなくなる人もいるようです。

 

そんな経験ありませんか?

 

なので伝わらないと悩んだ時には特別なスキルとかを使うのではなく『話しを小分けして確認しながら進む』方が相手に理解を得られそうですよ。

 

スキルで言えば五感を有効に使って話してみるのも効果が期待できそうです。でも、注意してくださいね。私の講座ではよく言うことなのですが『組立があってのスキル』です。五感を有効に使って、相手の優位感覚に合わせて話せば伝わる!

おそらく話しの組み立てができていない場合、望む結果は期待できそうもないです。

 

相手の優位的に働いている感覚とは?人は五感を通して物事をインプットしたりしています。

五感と言えば『視覚・聴覚・身体感覚・嗅覚・味覚』ですね。

ここでは嗅覚・味覚は身体感覚に含めてお伝えいたします。相手の話しは『視覚・聴覚・身体感覚』のどれにアクセスして話しをしているのか?どんな優位的感覚を持っているのか?を知っている方がコミュニケーションを上手く図ることができそうです。しかしこれも、少し違って解釈をされている方がいる様です。

 

 

私のところでは現場で使えることを教えています。確かに目の動きなどでもどの感覚にアクセスしているのかが分かったりする時もありますが、実際に会話をしていてずっと相手の目ばかりを意識しているわけではございません。

人間そんなに器用ならいいのですが、そこに意識を取られてしまったらあとの肝心なことはどうすればいいのでしょう?

慣れですよ~って言われる方もいるのかも知れませんが・・・・・・・・

 

もっと簡単に知る方法があるんです。それに簡単だからながら作業ができるんです。簡単な事をより難しくされる方もいますが、難しことをより簡単にして望む結果を手に入れる!方が良さそうですよね。

コミュニケーションは生涯必要なものです。

あなたにマルチレベルのコミュニケーションが身についたらどんなことに役立ちますか?

どんなことが変わって行くでしょうか?

 

もし、そんなことを思っているのであれば・・・・・・・

 

実践で使えるスキルとノウハウを身に付けて自分に役立たせたい!

3月4日(土)13:00~14:00 心理学講座の無料説明会があるのでご興味がある方は

こちらをクリック↓

 

 

桜井塾からのお知らせ
 

今月のセミナー及び無料体験説明会のお知らせ

今月のカウンセリングのご予約状況

 

お問い合わせは

011-252-9588