話しの行き違い!これでコミュニケーションに悩まなくなる

本日も当ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。

4月29日 札幌・桜井塾の思考パターンを変える塾長ブログへようこそ!!

 

そんなつもりじゃ~・・・・・・・・・・・

そんなこといってないじゃん・・・・・・・・・・

など

言葉のトラブルを経験された方もいるかもしれません。

 

言ったつもり・・・・・・・・・・・

そんなつもりで言ったんじゃなくて・・・・・・・・・・・・・

 

人の価値観や世界観なども人それぞれ

そして解釈の仕方も人それぞれなのかも知れません

 

 

言葉の行き違いや認識の違いなどから始まるトラブル

できれば避けたいものですよね。

 

会話をしていると『削除・歪曲・一般化』されていることがありそうです。

 

【削除】

私は自信がないんです・・・・・・・・・・・・

このような会話では具体的に何にどの辺に自信がないのか?と疑問が出そうです。

 

【歪曲】

そして、あの人は私に挨拶をしないから、きっと私のことがきらいなんだ・・・・・・・・・・・・

このような会話では、挨拶をしないと嫌いってどんな判断基準なの?と疑問が出そうです。

 

【一般化】

みんなが言ってるんです!

それって誰が言ってたの?と質問すると、○○さん・・・・・・・・・・・・・・・・

え!一人?

こんな経験をされたことのある人もいそうです。

 

よくよく話しを聞いていると、具体的には?何を根拠に言ってるの?詳細は?などと疑問になってしまう時もありそうです。

 

 

実際に会話の中で削除されているところがあったり、歪曲や一般化されていると行き違いもありそうです。

この行き違いを防ぐには、出来る限り具体的に、そして自分の観点からの意見を控えて、詳細をしっかりお伝えすると、伝わる確率も高くなりそうです。

 

意識するのとしないのでは結構コミュニケーションの質が変わってきそうです。

 

コミュニケーションに悩まなくなる方法はこれだけではありませんが、行き違いを防いでいく方法の一つとしては『削除・歪曲・一般化』をしないで相手に伝え、どう伝えたかではなく

 

どの様に『伝わったか』が大切になってきます。

 

そのために、どの様に伝わったのかを『確認する』ひと手間を惜しむのをやめましょ~

 

しっかり伝えたつもりでも『認識が違えば』そのあとの結果にも変化がでてきそうです。

 

逆に聞き手の場合でも、『削除・歪曲・一般化』されている場合には、しっかりと質問をしてすり合わせをしていかれると、間違えやトラブルも減っていきそうです。

 

まれに、会話をしていてどこが抜けているのか(削除)分からないと言われている方がいます。そのような場合には、実際にアクションを起こす場面を考えてみてください。

 

例えば

会社にお休みをもらって海外旅行の約束をしたとしましょう。

ここでAさんが日から○○に旅行にいこう!

そこでBさんはいいよ!と返事をしました。

Aさんは、私が飛行機のチケットや宿泊先などは予約しておくからパスポートの準備だけでいいよ!

なので当日○○駅で待ち合わせをしていこ~

こんな約束をしたとしましょう。

 

そして数日後、会社に休みの申請をするBさん。

ここで初めて気が付くのです。

日から何日休めばいいのだろ?

 

実際、こんな極端なお話しはないのかも知れませんが、旅行の約束をしている時に会社に休みをもらう申請のことまで考えていたら、旅行に行くまで、行って帰ってくるまでのプロセスを考えていたらどうだったのでしょう~

 

 

出来る限り、実際に行動した時の流れなどを考えながらお話しを聞いていくと、情報漏れも少なくなってきそうな気もします。

そして、伝える時も『削除・歪曲・一般化』しないようなお話しができると、話しの行き違いや誤解も少なくなってくるかも知れませんね。

 

本日も最後までご覧いただき誠にありがとうございました!

明日は良いコミュニケーションが取れるといいですね!!

桜井塾からのお知らせ
今月のセミナー及び無料体験説明会のお知らせ

今月のカウンセリングのご予約状況

お問い合わせは

011-252-9588

info@teamfree.main.jp


思うようにならない!悩む!イライラしなくなる3つのこと!

思うようにならない!悩む!イライラしなくなる3つのこと!

 

本日も塾長ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。

3月20日 札幌 桜井塾の思考パターンを変える塾長ブログにようこそ!!

 

 

思うようにならないと、ついついイライラしてしまう!こんな経験は多くの方にありそうですね。

思い通りにならなくて悩む・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

思い通りにならなくてイライラする・・・・・・・・・・・・・・・・・

できれば思い通りになる方が良さそうですが、これが中々そうもいかないところではないでしょうか?

 

悩む人であれば、どうして・・・・・・どうして・・・・・・・・・・・・・私が悪いの?なんでわかってくれないの?

私の何を変えればいいんだろう?自問自答しても周りに相談をしても変われない・・・・・・・・・・・・

 

ついイライラしてしまう!分かってるけどイライラしてしまう・・・・・・・・・・・・・・そして思ったことや言いたくないことやキズつけることまで言ってしまう・・・・・・・・・・・・・・

イライラを沈めようと思っても中々できない・・・・・・・・・・・・

ストレス発散をしに行ってもどうも思い出してしまう。

 

イライラしないようにと思っていても感情のコントロールは難しい・・・・・・・・・・・・

 

 

思うようにならない!悩む!イライラしなくなる方法を、3つに分けてお伝えしたいと思います。

 

言われる前にしてほしい

クライアント様のお話しを聴いていると『察して欲しい。言わなくてもそれぐらいしてほしい』と言う方もいらっしゃいます。

確かに私もそう思う時もありますが、できればイライラはしたくないような・・・・・・・・・・・・・・

言わなくても分かって欲しい!

言う前にやって欲しい!

ただ、それでイライラして相手が言う前にしてくれるのを待つのと、やって欲しいことを自分から言うのではどちらが自分にとってはいいのでしょう?

なんか・・・・・・・・・損した気分になってしまって・・・・・・・・・・・・・こんな人もいるかも知れませんね。

言われてからやってもらっても・・・・・・・・・・・・・・・・・そんな人もいるかも知れませんね。

 

しかし、イライラはイライラを呼ぶような気がします。実際はイライラ思考が目を通して外部を見るのでイライラするものにフォーカスをしてしまうこともあるのですが、それも習慣化したらどうでしょう。

逆に、して欲しいことを自分から言ってやってもらって快適に過ごしていけると、またそれも習慣化したりして行くような気がします。

どちらを習慣化したいですか?これはそのうち無意識におこうようになりそうです。

 

無意識に『イライラ』するようなことを探す!!

目に映るもののイライラする部分にフォーカスをしてインプットする!そしてイライラ・・・・・・・・・・・・・・

 

 

イライラしなくなる1つ目の方法は

『自分から思いを伝える!』ことです。

 

 

伝え方とは

自分から思いを伝える!これは思っているのに相手がそのように行動してくれないなど、言いたいけど言えないけど、こうして欲しい、ああして欲しいなど心の中で言いたいけど言わない、けどやって欲しいなどの矛盾が起こった時にモヤモヤしたりイライラしたりする。

そうであれば相手に伝えることがシンプルで簡単な事なのかも知れません。思ったことを伝えてみる!

ただ、ここで少し気を付けたいのが『伝え方を考える』ことではないでしょうか?

そしてこれには大切なことがまだありそうです。

 

『思ったことを相手に伝える!!』 この時に意識したいこととは?

1・伝え方を考える

2・伝える順番を考える

3・伝えるタイミングを計る

これは抑えておきたいところかも知れません。

 

 

イライラしなくなる2つ目の方法は

『伝え方を考える』ことです。

 

 

 

手放すこととは

思うようにならない!悩む!イライラしなくなる3つ目の方法とは

手放すことです。

手放すと言っても何を手放すのか?それはあなたの

『思い通り』です。

これはこうであってほしい!そんな『思い通り』が多ければ多いほど、イライラすることが多くなるのかも知れませんね。

ここでも、なんで私が・・・・・・・・・・・・妥協しなきゃいけないの?と思われる方もいるかも知れません。

妥協なのか手放すのか?似てるけど意味は違うような気がします。我慢ではなく意識しないと言うことかも知れません。

これは慣れるまで少しお時間がかかる人もいるのかも知れませんが人生をスムーズに生きるために必要な事かも知れませんね。

いらない固定観念や価値観などを手放すと、少し生きやすくなるような気もします。

 

イライラしなくなる3つ目の方法は

『思い通りを手放す』ことです。

 

 

こんな時は

思うようにならなくて悩む!

どうして分かってくれないの?

どうしてそんな言い方をするの?

どうしてそんな扱い方をするの?

どうすればいいの?

 

1・そうならないように努力をする

2・流れに任せる(自分のこうであるべきだ!を手放す)

3・受け取り方(解釈)を変える

 

米国NLP協会認定資格取得講座でもお伝えしておりますが、受け取り方(解釈)を変えることを

『リフレーミング』と言います。

 

これは、内容や状況を変えるなど、受け取り方や解釈を変えたり状況を変えたりするものです。

世の中には受け取り方を変えればいいものと、再発防止のために改善した方が先を考えた場合よいときもありそうです。

何度も同じ思いや経験をするのであれば『改善』をしていった方が価値が高いかも知れませんね。

 

流れに身を任せることも『バランス』を考えてしないと、自分が自分でなくなってしまうようなことにも・・・・・・・・・・・・・

 

人間は成長するものです。そして学習能力があります。

同じことで悩んだりする場合、原因を探究して改善を図ることは自分の人生にとって価値のあることになるかも知れません。

 

 

思うようにいかなくてイライラする!!

ここではまず、どうして思い通りにいかないのか?何が原因なのか?を検証して改善すると、再発の可能性も低くなりそうです。

ここでも『リフレーミング』をして捉え方を変えたいところではありますが、これも再発の可能性があるのか?ないのか?なども考えて行なわれた方がいい時もありそうです。

その時に怒りを抑えたい場合には、『手をグーにして思いっきり握る!』これを数分間やってみる!

イライラしてすぐに何とかしたい場合に試してみる価値もありそうですよ~

 

 

本日も最後までご覧いただき誠にありがとうございました!

明日はイライラしない一日が過ごせますよ~に!!

桜井塾からのお知らせ
今月のセミナー及び無料体験説明会のお知らせ

今月のカウンセリングのご予約状況

お問い合わせは

011-252-9588

info@teamfree.main.jp


 

 

 

観察!自分ではやってるつもり!相手はどう思ってるの?

自分ではやってるつもり!相手はどう思ってるの?

 

本日も当ブログへお越しいただき誠にありがとうございます。

3月2日 札幌 桜井塾の塾長ブログへようこそ!!

 

自分の思いが相手にどのように伝わっているのか?

気になるところですよね~

 

そんなつもりじゃ~・・・・・・・・・・・・・

 

え!そんな風におもってないよ~・・・・・・・・・・・・

 

ちゃんと○○してるじゃないですか~・・・・・・・・・・・・・・・

 

自分の言動が相手にどの様に伝わっているのか?どの様に解釈されているのか?コミュニケーションをとっていく上でこれは意識しておきたいところかも知れませんね。

 

コミュニケーションをとっていくときに意識したいのが『どう伝えたか?よりどのように伝わったか?』かも知れませんね。

自分ではこのように分かりやすく伝えている!

これがつもりだったら・・・・・・・・・・・・・

意識したいのは『相手にはどの様に伝わっているの?』かも知れません。

 

コミュニケーションを上手くとっていくためには、いくつか意識して取り組んだ方がスムーズにやりとりできることもありそうです。

 

やはり『観察・確認』をおこなっても無駄にはならないような気もします。

 

よくお勉強や知識をお持ちの方に『観察が大事なんです!』と言っているのを耳にすることがあるのですが

ここで少し疑問を抱くことも・・・・・・・・・・

それは

『観察はしているみたいだけど・・・・・・・・・はたして何のために?』

このような疑問を抱いてしまう時があるんです。

見ていると確かに相手を見てはいる様なのですが・・・・・・・・・・・・

 

私の講座でもコミュニケーションをスムーズに進めて行くときには『観察をされた方がいいですよ~』と伝えています。

では、何のために?その観察はしているのか?

ここが大切そうです。

 

何のために観察をしているのか?

これは

『相手の変化を見ながら伝え方や話題などを変化させたいから』なんですね。

 

 

もし、あなたが『自分に興味がないことを1時間ずっと話していたら・・・・・・』そのあとも聞きたいですか?

1時間我慢して聞いていますか?ま~世の中には面白くお話しができる人もいるのですべてに当てはまるとは思いませんが。

 

ちょっと退屈・・・・・・話題を変えたい・・・・・・・面白くない・・・・・・・なんて思われる方もいるのかも知れませんね。

 

できれば、相手がつまらなそうな感じでしたら話題を変えてみたりできると、相手にとってもいいのかも知れませんね。

 

なので『観察』って大事そうですよね。

大事な話しなら『確認』もしながら話しを進めて行きたいものです。

 

自分の思いと相手の思い

ここが合わないと上手くいかないことも出てきそうな感じがしそうです。

 

『自分は○○だと思っている!』

 

果たして相手の受け取り方はどうなのでしょう?

 

自分はイケてるつもり・・・・・・・・・・・・・しかし周りの反応は?いかに・・・・・・・・・・

 

できればマッチさせて行けた方がいいのかも知れませんね。

 

ただ、少し注意しておきたいことも・・・・・・・・・・それは、

『人類全員に好かれる!』世界征服の様な意識をもとれると結構苦労しそうな感じがします。

 

世界で有名な方でも支持率で言えば何パーセントぐらいなのでしょう?

世の中には人の批判ばかりする方もいるかも知れません。人の批判をすること、人の悪いところを探す!このような思考パターンが構築されているともれなくプレゼントがいただけるのかも知れません。

どんなプレゼントなのか?

 

それは

 

こちらです!!  ↓

 

 

もし、これを通してみると人の悪いところが良く見える!としたら・・・・・・・

目に入ってくるのは人の悪いところばかりかも知れません。

人の悪いところばかり見えるとそのように認識もしそうです。すると口から出てくる言葉にも影響を及ぼしそうな気がします。

もちろん視野も狭そうですね。

固定観念はこのように視野が狭いものなのでしょうか?

 

 

赤色のサングラスをしていると周りは赤く見てるような・・・・・・・・・・

茶色であれば茶に見えているような・・・・・

オレンジであればオレンジのような・・・・・・・・・・・・・・(サングラスによっては外の色がクリアーなものもあるかも知れませんが)

 

サングラスなら外せば済む話しかも知れませんが、その人の価値観などでつくられたレンズやフィルターはそう簡単には外せないのかも知れませんね。

 

自分の思っている姿と相手から見た姿

 

こちらも誤差がある時もありそうです・・・・・・・・・・・・

 

果たして『ピントは合っているのか?』???????

 

自分で思っているパフォーマンスが周りにもそのように映し出されているといいですよね。

 

『人のふり見て我がふりなおせ!』なんて言葉もありますよね。

 

『観察』コミュニケーションの時にはおこなった方が良さそうですが・・・・・・・・・・・・

 

まず、最も観察したいのは

 

そう

まさしく『自分自身』かも・・・・・・・・・・・・・・

 

よく自分を観察して調整することも大切かも知れませんね。自分の思っているパフォーマンスが周りにはどの様に映っているのか?少し気にしてみるのも価値がありそうです。

 

 

ここでも注意が必要かも・・・・・・・・・・

人目を気にして本来のパフォーマンスに影響が出るようでは・・・・・・・・・・・・・

バランスよく調整してみるといいかも知れませんね。

 

この人が私のこと○○って言っているに違いない

みんなが私のこと○○だと思っているに違いない

 

など、周りがどう思っているのか?

 

ここに意識が向いてしまうと明るい未来は期待できないような・・・・・・・・・・・・・

 

では、どうすれば・・・・・・・・ってお思いの方!→ こちらもご覧ください!

 

 

本日も最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

明日も楽しみをみいだして喜びを感じられますように!!

 

桜井塾からのお知らせ
今月のセミナー及び無料体験説明会のお知らせ

今月のカウンセリングのご予約状況

お問い合わせは

011-252-9588