すべては人のせい!自分は絶対悪くないと言っている人の心理

 

あの人が・・・・・・・・

この人が・・・・・・・・・・・・・

だって・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

すべてを人のせいにする人!!

 

本日も当ブログへお越しいただき誠にありがとうございます。

4月25日 札幌・桜井塾の思考パターンを変える塾長ブログへようこそ!!

 

すべてを人のせいや周りのせいにする人

いますよね~

自分の否は認めない!

日々トラブルが絶えない人もいそうですね。

 

どうしてそうなってしまうのでしょう?

一概には言えませんが『物事の本質が良く見えていない』なんて人も多そうです。

 

しかし、物事は自分が創り出しているのかも知れません。

 

ただ厄介になりそうなのは『人のせいにばかりする人は反省をしない』傾向が強い場合もありそうです。

そうすると精神的な成長と言った面では期待が薄いような・・・・・・・・・・・・・

そして周りの人たちもいい気をしない人も増えていき、だんだん人が離れていってしまうかも知れません。

 

自分の人生に取ってそれが良いのであればそれでもいいのかも知れませんが、もっと人生を楽しみたい、喜びを分かち合ったりもしていきたい!

のであれば変わって行くことも自分の今後を考えたら価値があるのかも知れません。

 

ただ、ここで問題が・・・・・・・・・・・・・・・

本人が気が付かない・・・・・・・・・・・・・

 

本人が自覚して治していかないと改善は難しそうですね。

 

 

ではどうやって気づくのか?

これも人それぞれかも知れませんが、人のふりをみて気づくことも多そうです。

 

人はマイワールドの中でいきているようなものかも知れません。

 

人は同じ体験をしたり経験をしたり共感をしたりしたとしても度合いは様々です。

同じと言っても計りようもないような気もします。しかも四六時中同じ考えで同じ気持ちなんて言うことは、かなり可能性が低そうです。

同じ道を歩いていても目に映っているものや感じていることが違いそうです。そして記憶されることも違いそうです。

そうすると価値観や世界観も違ってきそうですよね。

その人が自分の脳の中で価値や世界といったマイワールドを構築して行きながら毎日を過ごしていくのでしょう。

 

脳の中にネガティブなワールドを構築していけば、目を通して、耳を通して、体感を通して、世界を映し出していくのかも知れません。

そうすると、目に映るのは・・・・・・・・・・・・・

ネガティブに捉えられる現実ばかり・・・・・・・・・・・・・・・かも知れませんね。

 

自分の思考がネガティブな状態にあると、現実もそのように映る

 

 

なので、他人を見て嫌な思いや経験、体験をしていくうちに、我がふりを治すようになっていくのかも知れません。

 

 

ところでいつも人のせいにばかりする人とはどのように付き合っていけばいいの?

 

知りたいなんて人もいるかも知れませんね。

どうしても付き合っていかなければならない。

こんな時は、相手を変えるよりは自分が変わった方が速そうです。

 

その方法を一つとは

『いつも人のせいにする人に仲間意識を持たせる!』

 

なんてことも得策です。

 

そしていつも人のせいにする人があなたのことを好きになれば・・・・・・・・・・・・・・・・・

少し事態は変化して行きそうな気もします。

 

そのためにはまず

その『相手に興味を持つ』ところから始めてみても良さそうです。

 

それってどんな風に?

そんなことも今後ご紹介していきたいと思っていますのでお楽しみに~

 

本日も最後までご覧いただき誠にありがとうございました!

明日は今日よりも少し相手に興味がもてるようになるといいですね!!

桜井塾からのお知らせ
今月のセミナー及び無料体験説明会のお知らせ

今月のカウンセリングのご予約状況

お問い合わせは

011-252-9588

info@teamfree.main.jp

 

 

人の話しを聞けない人の心理とは?そんな時にはこの解決で!

人の話しを聞けない人

本日も当ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。

4月11日 札幌・桜井塾 思考パターンを変える塾長ブログへようこそ!!

 

人の話しを聞かない人

聞けない人

両者がいるかも知れません。

 

これは病気なのか?

 

桜井塾では、病気と言って終わらしてしまうようなことは・・・・・・・・・・・・

 

では、どうして人の話が聞けないのか?について少しお話ししていきたいと思います。

ここでは先ほどご紹介した

『聞かない人』

『聞けない人』

の2つの傾向に分けてお伝えしたいと思います。

 

『人の話が聞けない人』

こちらで多くみられるケースでは、『集中力』が原因となっている場合もありそうです。

こちらも、そのような病気と言ってしょうがない・・・・・・・・・・・・とされる場合もあるのかも知れませんが、これからの人生それでよければいいのかも知れませんが、よくないのであれば改善していきたいものです。

病気なんだから仕方がない!

で、終わらせたくない人。

これは子育ての時にも子供に対して感じている親もいるかも知れません。

しかし、よ~く考えてみてください。

 

そんなに集中できることがない人ばかりがいるのでしょうか?

ちなみにその人はいつ、どこで、何をさせても集中したことはないのでしょうか?

 

子供の頃から集中できない場合、もしかしたら

もしかしたらですよ

もちろん絶対的とかではございませんよ~

 

もしかしたら、集中の仕方が分からないのかも・・・・・・・・・・・・・

 

好きな事をしていない場合、集中できない、集中力が持たないなんて言われる方も知るかも知れませんね。

 

 

たまに耳にする、子供の頃から集中力がなくて・・・・・・・・・・・・・・・・・

最近知ったんだけど、それって○○病なんだって・・・・・・・・・・・・

 

ん?

 

って思ってしまう時もしばしば・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ここで少し疑問が・・・・・・・・・・・・

 

子供の頃から集中できるようにどんな努力をしてきたの?

 

社会人になってからも私、集中力がなくて・・・・・・・・・・・・・

実は○○って病気らしいんです・・・・・・・・・・・・

 

もし、自分の人生にとって○○病で何も差支えがなければそれでもいいのかも知れませんが、何とかしたい!と言うことであれば、『集中力を身に付ける』ことです。

 

なんでも、身に付けようとすれば努力がいるものかも知れません。

 

変えたいのであれば『努力される』ことも自分の人生にとっては価値のあることかも知れませんね。

 

ただ、世の中にはどうにも変えられない病気の方もいます。したくてもできない人もいるんです。

果たして、自分は努力に努力を重ねても数年頑張ってみても、どうして無理だったのか?

を考えて、変化の余地があるのであれば頑張ってみるのも良さそうですね。

 

 

もう一つの傾向として見受けられるのが

『人の話しを聞かない人』

こちらはある満たされていない部分があり強く欲求してしまっている人もいる様です。

人にはそれぞれの価値観があります。

自分の考えと違った考えを持たれる方もいるでしょう。

そして、考えが食い違ってくると、その満たされない部分は強く欲求してきます。

この傾向が強く出る人には『認めて欲しい』と、どこからか欲求してしまう。

 

そんな『承認欲求』が・・・・・・・・・・・・

 

この傾向が強く出る人たちに共通してみられるのが『自分を認めることができない』と言った点もあげられるかも知れません。

 

これは一概に自分を自分でほめる

と言ったことばかりではありません。

 

例えば

自分が違っていた・・・・・・・・・・・・

自分の考えより良い考えがあった

など、極端に言えば『自分の否を認めない』ことも含まれます。

 

ADHDなど発達障害の一つでもある病気などでお困りの方もいるとは思いますが、もし、それで大変な思いをされていて改善できるものならしたい!と思われる場合は

 

そうです

 

『努力』です。

 

どう頑張っても無理。そんなこともあるのかも知れません。しかし、努力をされてからでも遅くないのかも知れません。

最終的な場面を迎えるまでは

 

『あきらめない』

 

もし、それで不都合が改善されてより人生を楽しく生きていけるのなら、試してみる価値もあるかも知れませんよ。

 

例え書籍でも、すぐに飽きてしまう、字を見ていると眠たくなってしまう人もいるかも知れません。

ただ、本当に切羽詰っていた場合、本当に必要な場合でも、本や書類も最後まで読めないのでしょうか?

 

もし、災害、その他トラブルや問題、こんな時でも集中できないのでしょうか?

 

もし、出来るのであれば本当は集中できるのかも知れませんね。

 

目的があって必要性があれば集中できるのであれば

集中力を鍛えると言う発想の前に、物事に取り組む前に、『目的と必要性を明確』にしていくのも一つのやり方かも知れませんね。

 

本日も最後までご覧いただき誠にありがとうございました!

人のお話しが聴ける!と自分のためになることも・・・・・・

桜井塾からのお知らせ
今月のセミナー及び無料体験説明会のお知らせ

今月のカウンセリングのご予約状況

お問い合わせは

011-252-9588

info@teamfree.main.jp


 

心理学で解消する!誰でもできるイライラがなくなる方法とは

心理学で解消する!誰でもできるイライラがなくなる方法とは・・・・・・・・・・・・・

本日も当ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。

3月13日 札幌 桜井塾の!思考パターンが変わる塾長ブログへようこそ!!

 

イライラ、モヤモヤ、ムカムカした時、どんなことをして発散していますか?以前、どんなことでイライラするのか?がテーマとなったランキングのようなものを見たことがあります。

その中には

メニューを見て注文したものと実際に出てきたものにかなりの違いがあった

レジ待ちで混雑しているのに自分の順番が来てから財布を探す

注文をして(ご注文のご確認を・・・・・・・・)そして待ったあげく注文が通っていなかった

無愛想な店員の態度

レストランや電車の中など公共の場で騒いでいる子供をほったらかしにしている親

など色々と載っていましたが、日常見かけたり体験したりする中ではどれにイライラしそうですか?

このランキングではどれが一番だったと思いますか?

 

 

心理学にこんなお話しがあります。

人間は『環境の不快と相手に対する不快の区別が完全にはできない』

これは『連合の法則』かも知れません。連合の法則とは、1つのものに対する印象が他のものへ伝染していくと言う心理的な現象です。

例えば、待ち合わせの時間にいつも遅れてくる。そうすると待っている相手はいつも遅れてくる人に対して『時間にルーズな人』という印象をもたれるかも知れません。

仮にいつも遅れて来る人が商品販売をしていた場合、『時間にルーズな人が売っているんだから商品も大したことないのでは・・・・・・・』このように、人とモノとは関係性がないような気もしますが、このように伝染してしまう場合もあるのかも知れませんね。これを『連合の法則』といいうのかも・・・・・・・・・

これは良くも悪くも伝染するとか。

まじめで責任感が強そうな方がその商品を販売すれば「まじめな方が売っているのだからその商品も良さそうだ」こちらの場合も人と物とは関係がなさそうな・・・・・・・・・・

人と物、関係ないのに伝染してしまうことも・・・・・・・・・・・・・

 

生活をしていく中で、イライラするようなこともあるかも知れません。

ちなみに先ほどのランキングでは、「レストランや電車の中など公共の場で騒いでいる子供をほったらかしにしている親」にイライラするが一番多かったようです。

道路とかでふざけあっている子供をほったらかしにしている親を見ていると、ちょっと危険を感じてしまう時も・・・・・・・

電車の中でも泣いている赤ちゃんに対しての親の対応についても色々ありそうですね。

赤ちゃんの時は泣くのも仕方がないことだと思いますが、親の対応によってはイライラしてしまう人もいたりして・・・・・・・・

人間は我慢をするとストレスがたまりそうな感じもします。

せっかくなので、心理学を活かしてイライラを解消するのも良さそうです。誰でもできるイライラがなくなる方法はあるのか?

 

桜井塾ではお悩みを抱えてお困りの方に無料相談も受け付けております。

 

1つの方法が全ての人に当てはまることは少ないかも知れません。なので、自分のパターンを知っておくといいかも知れませんね。

イライラの原因は固定観念?

○他のことを数分間考える(これは楽しいイメージをされた方がいいかも知れません)

○大声で叫ぶ(周りの迷惑にならないように気を付けたいですね)

○誰かと話す(一言多い人やよけいにイライラしてしまう人は避けたいです)

○食べる(程々にしたほうが・・・・・・・イライラ→食べるが癖になると・・・・・・・・・・・)

○走る(全力で走って方が効果がありそう)

○バッティングセンターで思い切りバットを振る(ボールに当たらなくて余計にイライラしないように気を付けたいです)

○色を見て解消する(緑色をしばらく眺めてみるのも良さそうです)(心理的効果)

○寝る

など、色々ありそうですが、今この場でイライラする気持ちを抑えたい!そんな時もありそうです。その場ですぐにイライラを抑えようと思った時に効果的なのは、『意識を変える』ことがいいかも知れませんね。

これは一例ですが、

スイカをイメージしてみて下さい。そしてスイカを好きな大きさに切りましょう。スイカを切るとそこには種が出てきます。黒い種を見てください。その黒い種の一部の色が変わっていることに気付くかも知れません。

その種の色の違う部分をずっと見てください。

この方法もどの人がやってもイライラが収まるものではありませんので、自分がイライラした時にどうすればおさまるのか?普段から色々と試されることもいいでしょう。

 

もしくは、指を1本両目の真ん中に立てて下さい。指には指紋がございます。その指紋の真ん中をずっと見て下さい。少し目に近づけないと見えないかも知れませんので見えるぐらいまで目に近づけてずっと見てください。

数分見ているとどうでしょう?

まだイライラした気持ちは収まりませんか?

 

方法は色々とありますから試してみる価値もありそうです。

どうしても、イライラしたりモヤモヤしたり、否定的になったり、不安になってしまったりしてお困りの方!

思考のパターンを変えるトレーニングもおこなっております → こちらから

 

イライラした時にお水を一気飲みなんて言うのも試してみてもいいかも知れませんね。

今はスマホをお持ちの方も多いのでイヤホンを持ち歩いて、イライラした時はヒーリング効果のある音楽や、リラックスできる音楽などYou Tubeなどで聴くのも良さそうです。

普段から、整理整頓や質のいい睡眠をとるのもおススメです。

イライラしないように、すぐに怒らないように日々のケアも大切かも知れませんね。

 

相手の言動になぜか今日はイライラしてしまう!カップルではこれがきっかけで取り返しのつかない結果になってしまうことも・・・・・・・・・・・・・・

今日はなんだかイライラしてしまう・・・・・・・・・・・・・

こんな時は一度席を外すなど同じ空間に居ない方がいい時もあります。一緒に住んでいたらちょっと買い物や散歩など、空気を換えることも効果的かも知れません。

そして、相手のいいところを無理にでも思い出してみる

もしくは、相手と離れたあと、その人に会うのがさっきが最後だったら・・・・・・・・・・・・・・・・・

もう会えない・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と考えてみるのも気持ちを変化させる目的であればいいのではないでしょうか?

 

実際、いつもこれが最後だったら・・・・・・・・・・・って思って接してたらそんなにイライラしなくなりそうです。

『居て当たりまえ』これが大きな原因だったりすることもあるかも知れませんね。

 

電話をしても、もし、この電話が最後だとわかっていたら・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日家を出る時、もし、それが最後だと分かっていたら・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

どんな対応をしたのでしょう?

実際いつそうなるかなんて本当は分からないのです。かえって来るのがあたりまえ。いるのがあたりまえ。あたりまえは『感謝の気持ちを奪いそう』です。

 

あたりまえから『感謝』は生まれないのかも知れません。

なんでこの人こんなこと言うの!

なんでこの人こんな言い方するの!

なんでこの人こんな態度をとるの!

などイライラすることもあるかも知れませんが、相手にもそうする理由があるのかも知れません。

イラっときたら、相手がそうする意図を考えてみるのも良さそうです。イライラは体にいいものではないような気がします。そのイライラでとった言動がその後取り返しがつかなくなる場合もあるのかも知れない。

後悔しても遅い場合も・・・・・・・・・・・・・・・・

 

本日も最後までご覧いただき誠にありがとうございました!

明日も穏やかな一日になりますように!

桜井塾からのお知らせ
今月のセミナー及び無料体験説明会のお知らせ

今月のカウンセリングのご予約状況

お問い合わせは

011-252-9588

info@teamfree.main.jp