他人の視線が気になる!人見知りしてしまう人が治っていく

 

気になる!

どこに行っても気になる!

他人の視線が気になる!!

人にどう思われているのかが気になる・・・・・・・・・・・・・・・

 

本日も当ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。

4月21日 札幌・桜井塾の思考パターンを変える塾長ブログへようこそ!!

 

心配になってしまう。

ついつい余計な事を考えてしまう。

あることないことを考えてしまう・・・・・・・・・・・・

 

もし、そんな自分が変われるとしたら

 

変わりたい!!

 

と言う方の声もたくさん聞こえてきそうですね。

 

どうして気になってしまうのか?

 

これはいったいどんな影響を受けてそうなっているのか?

 

この人たちによく見受けられる傾向として『会話ができない』なんて人も多そうです。

 

気になり過ぎてどの様に接すればいいのか分からなくなっていき、自分からは話しかけない、話しかけられても会話を続けるのがイヤだったり・・・・・・・・・・・・

 

こんな時もやはり

 

多くの方が『上手く話そう』と言う思いが強いのかも知れません。

誰でも最初は緊張しそうですね。

 

これからお話しする内容も

『上手く!!』

『過剰な理想』

と言う意識がとても強くなってしまうとこんな傾向も出てくる!なんてことをお話ししていきます。

 

人の目や気持が気になる人に多く見受けられる傾向としては

 

自意識過剰

公的自己意識

私的自己意識

など、原因は色々とありそうです。

 

【自意識過剰】

いつも他人の視線が気になってしまう

きっと自分のことをこう思っているのかも・・・・・・・

自意識過剰になると、このような思考が働いてしまうので疲れてしまいそうです。

 

自意識過剰の人はどのようにすれば治って行くのか?

これもその人その人で合う方法があるのかも知れませんが、おすすめを一つお伝えいたします。

 

『他人にどの様に思われていたとしても何も変わらない』

 

と言うことです。

 

仮に、良く思われていても、悪く思われていても、それを考えたところで何も変わらないような気もしますね。

 

ただ、桜井塾では実際に人生をより良くしていくことを心がけています。

どう言うことかと申しますと

 

例えば、周りからどんどん人が離れていって今では一人ぼっち

ここでの仮説は

①本人が周りとの接し方に問題がある

②周りにいい人がいない

 

①の場合は、きっと自分の何かを改善された方が今後の人生にとっては価値が高そうです。

②の場合は、付き合うコミュニティーを変えるのも良さそうです。

 

自分ではこうしているつもり・・・・・・・・・・・・・・・

なのに周りのみんなが・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

改善点があれば改善をして、後は相手に優しく、思いやりのある対応をしていけば変化は起こりそうです。

 

そんな対応を心がけていけば『自信も付いてきそうな感じがします』

そのころには、余計な心配をしても現状は何も変わらないことにもしっくりくるようになってきそうです。

 

ここで肝心なのは、本当は他人がどう思っているのかは分からないのだから、

こう思われているかも・・・・・・・・・・・・・・・

と思っているのは自分だけ!と言う可能性もあると言うことなのですが、今後を考えた場合、これを機に自分に自信を持てるようにもしたいものです。

 

自信は経験を積み重ねて、思うような結果や評価を受けながら付いてくるものかも知れません。

 

他人にどの様に思われているのか?ではなく、自分は他人に何ができるのか?

 

こんな意識を持たれても効果はありそうですよ!

実際に思考パターンを変えるトレーニングではその人に合わせて少しやり方や順番が異なりますが試してみる価値もありそうです。

 

 

他人にどう思われようが勝手だ!!

と一言で片づけてしまうのは将来的に考えると危険そうな気もします。

 

ここでは、自分の言動が周りにとってどのような影響を与えているのか?を少し考えてみると自分の人生の未来にとって役に立つかも知れません。

 

すぐには変化しないかも知れませんが、自分がどう思われているかより

自分が相手にどんな風に思われたいのか?

 

この理想像を明確にしてみるのも一つかも知れません。

そして自分は他人からこう見られたい!

そうなれる様に日々やってみるのもいいかも知れませんよ!!

 

 

他人に合った時に

『意識を向けるところを変化させる』

 

心配をするよりそのことに意識を向けられると少しづつ変化を感じることができそうです。

 

継続させていくことでそれが当たりまえになってくるかも知れません。

心配が癖になったのなら

癖付けさせることは間違いなくできるのですから

 

これからは自分にとってプラスになるような癖付けをされていくのも価値が高そうです。

 

本日も最後までご覧いただき誠にありがとうございました!

明日は人に会うのが楽しみになるといいですね!!

桜井塾からのお知らせ
今月のセミナー及び無料体験説明会のお知らせ

今月のカウンセリングのご予約状況

お問い合わせは

011-252-9588

info@teamfree.main.jp


 

 

幸せが感じられない!心が豊かになる!幸せになる方法とは?

幸せになりたい・・・・・・・・・・・・・

本日も当ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。

4月16日 札幌・桜井塾の思考パターンを変える塾長ブログへようこそ!!

 

幸せを感じる方法

インターネットで検索してもその方法は色々と出ていそうですね。

実際にその方法に出会えた時は嬉しいものですよね。

 

どうして幸せになれないの?

どうして私ばっかり・・・・・・・・・・・・・・

どうして!どうして!どうして!!

 

私たち人間は回数を重ねて行くと『あたりまえ』になっていくこともあります。

例えば

 

 

貧乏なAさん、お金持ちのBさんがいたとしましょう。

この二人が飛行機に乗ろうとした場合、Aさんはエコノミーしか乗れない。Bさんはファーストクラスだったとしましょう。

Aさんは予算に余裕がなくファーストクラスには乗ることができないとしましょう。ここでAさんにはエコノミーと言う選択肢しかありません。

ではBさんはどうでしょう?

Bさんはファーストクラスに乗ることもできれば、エコノミーやビジネスなど選択肢があります。

しかし、Bさんはいつもファーストクラスで移動をするとしたらいかがでしょう?

選択肢があるようで選択肢がない?

 

よっぽど急いでいてどうしてもその日のその時間にはエコノミーしか取れない。こんな状況でない限り、Bさんはファーストクラスで移動する可能性は高そうです。

 

本来お金がいっぱいある人とない人の決定的な違いの一つにはどんなことがあるのでしょう?

色々と違合いはあるかも知れませんがこんなことも違いの一つではないでしょうか?

それは

『選択肢』です。

 

買い物をしたり食事をしたりどこかへいったり

お金がある人とない人では『選べる幅』が違います。

 

ただ、ここで少し考えてみましょう。

Aさんはいつもエコノミー。Bさんはいつもファーストクラス。

Aさんがファーストクラスに乗ったら・・・・・・・・・・・・・・

喜ぶのかも知れませんね。

 

Bさんはまたファーストクラスに乗ったとしましょう。そして次もその次も・・・・・・・・・・・・・・・

Bさんはいつまでも喜び続けることができるのでしょうか?

 

全ての人ではないと思いますが『喜べなくなる』『優越感を感じなくなる』人もいそうです。

それはどうしてなのでしょうか?

 

 

もしかすると

『あたりまえ』になってしまうからかも知れません。

 

あたりまえを喜んだり、楽しんだり、感動したりすることは少ないのかも知れませんね。

 

そうすると人生浮き沈みがあっても良さそうな気もしてきます。

できれば浮き沈みがない方がいいような気もしますが、このように考えてみると沈むこともなければ幸福を味わえることも少なくなるような・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ただ、沈んだ後は上がらなければ幸福感は得られないとしたら・・・・・・・・・・・・・・・・

どうしてそうなってしまったのか?

そこを考えて改善していかないと、その状況から脱出できないような気もしますね。

 

そこで『今の状況を受入れる』ことが大切になってくるのかも知れません。

どんなに悪い状況になっていても改善されていけばよい状況が待っている可能性は高そうです。

 

そして良い状況になっていったら更に良い状況になっていくように

 

『つらかった時を忘れずに』

 

努力をされていくと、沈まなくても幸福感に満たされながら生きていけるような気もします。

幸せが感じられない場合

『あたりまえになっている』のかも知れませんね。

心が豊かになる!幸せになるために『あたりまえ』を無くしていくといいのかも知れませんね。

 

たとえ今が辛くても、その先には幸福が待っている!!と、思えると、少し前向きになれて行くような気もします。

そして、今の状況も、幸福を得るためには必要な事だ!と捉えると、少し心が軽くなるような気もします。

どんな状況にあったとしても

 

『そこから何を学ぶのか?』

 

これも人生を豊かにしていくためには必要な事なのかも知れませんね。

 

本日も最後までご覧いただき誠にありがとうございました!

明日も幸せを感じられる一日にあるといいですね!!

桜井塾からのお知らせ
今月のセミナー及び無料体験説明会のお知らせ

今月のカウンセリングのご予約状況

お問い合わせは

011-252-9588

info@teamfree.main.jp


 

 

人の話しを聞けない人の心理とは?そんな時にはこの解決で!

人の話しを聞けない人

本日も当ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。

4月11日 札幌・桜井塾 思考パターンを変える塾長ブログへようこそ!!

 

人の話しを聞かない人

聞けない人

両者がいるかも知れません。

 

これは病気なのか?

 

桜井塾では、病気と言って終わらしてしまうようなことは・・・・・・・・・・・・

 

では、どうして人の話が聞けないのか?について少しお話ししていきたいと思います。

ここでは先ほどご紹介した

『聞かない人』

『聞けない人』

の2つの傾向に分けてお伝えしたいと思います。

 

『人の話が聞けない人』

こちらで多くみられるケースでは、『集中力』が原因となっている場合もありそうです。

こちらも、そのような病気と言ってしょうがない・・・・・・・・・・・・とされる場合もあるのかも知れませんが、これからの人生それでよければいいのかも知れませんが、よくないのであれば改善していきたいものです。

病気なんだから仕方がない!

で、終わらせたくない人。

これは子育ての時にも子供に対して感じている親もいるかも知れません。

しかし、よ~く考えてみてください。

 

そんなに集中できることがない人ばかりがいるのでしょうか?

ちなみにその人はいつ、どこで、何をさせても集中したことはないのでしょうか?

 

子供の頃から集中できない場合、もしかしたら

もしかしたらですよ

もちろん絶対的とかではございませんよ~

 

もしかしたら、集中の仕方が分からないのかも・・・・・・・・・・・・・

 

好きな事をしていない場合、集中できない、集中力が持たないなんて言われる方も知るかも知れませんね。

 

 

たまに耳にする、子供の頃から集中力がなくて・・・・・・・・・・・・・・・・・

最近知ったんだけど、それって○○病なんだって・・・・・・・・・・・・

 

ん?

 

って思ってしまう時もしばしば・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ここで少し疑問が・・・・・・・・・・・・

 

子供の頃から集中できるようにどんな努力をしてきたの?

 

社会人になってからも私、集中力がなくて・・・・・・・・・・・・・

実は○○って病気らしいんです・・・・・・・・・・・・

 

もし、自分の人生にとって○○病で何も差支えがなければそれでもいいのかも知れませんが、何とかしたい!と言うことであれば、『集中力を身に付ける』ことです。

 

なんでも、身に付けようとすれば努力がいるものかも知れません。

 

変えたいのであれば『努力される』ことも自分の人生にとっては価値のあることかも知れませんね。

 

ただ、世の中にはどうにも変えられない病気の方もいます。したくてもできない人もいるんです。

果たして、自分は努力に努力を重ねても数年頑張ってみても、どうして無理だったのか?

を考えて、変化の余地があるのであれば頑張ってみるのも良さそうですね。

 

 

もう一つの傾向として見受けられるのが

『人の話しを聞かない人』

こちらはある満たされていない部分があり強く欲求してしまっている人もいる様です。

人にはそれぞれの価値観があります。

自分の考えと違った考えを持たれる方もいるでしょう。

そして、考えが食い違ってくると、その満たされない部分は強く欲求してきます。

この傾向が強く出る人には『認めて欲しい』と、どこからか欲求してしまう。

 

そんな『承認欲求』が・・・・・・・・・・・・

 

この傾向が強く出る人たちに共通してみられるのが『自分を認めることができない』と言った点もあげられるかも知れません。

 

これは一概に自分を自分でほめる

と言ったことばかりではありません。

 

例えば

自分が違っていた・・・・・・・・・・・・

自分の考えより良い考えがあった

など、極端に言えば『自分の否を認めない』ことも含まれます。

 

ADHDなど発達障害の一つでもある病気などでお困りの方もいるとは思いますが、もし、それで大変な思いをされていて改善できるものならしたい!と思われる場合は

 

そうです

 

『努力』です。

 

どう頑張っても無理。そんなこともあるのかも知れません。しかし、努力をされてからでも遅くないのかも知れません。

最終的な場面を迎えるまでは

 

『あきらめない』

 

もし、それで不都合が改善されてより人生を楽しく生きていけるのなら、試してみる価値もあるかも知れませんよ。

 

例え書籍でも、すぐに飽きてしまう、字を見ていると眠たくなってしまう人もいるかも知れません。

ただ、本当に切羽詰っていた場合、本当に必要な場合でも、本や書類も最後まで読めないのでしょうか?

 

もし、災害、その他トラブルや問題、こんな時でも集中できないのでしょうか?

 

もし、出来るのであれば本当は集中できるのかも知れませんね。

 

目的があって必要性があれば集中できるのであれば

集中力を鍛えると言う発想の前に、物事に取り組む前に、『目的と必要性を明確』にしていくのも一つのやり方かも知れませんね。

 

本日も最後までご覧いただき誠にありがとうございました!

人のお話しが聴ける!と自分のためになることも・・・・・・

桜井塾からのお知らせ
今月のセミナー及び無料体験説明会のお知らせ

今月のカウンセリングのご予約状況

お問い合わせは

011-252-9588

info@teamfree.main.jp


 

優柔不断な人!自分のこれを治せば決断力のある人になれる!

優柔不断な人!何を治せば決断力のある人になれのか?

本日も当ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。

4月10日 札幌・桜井塾の思考パターンを変える塾長ブログへようこそ!!

 

中々決められない時

決めてもまだモヤモヤしてしまう時

いつも迷ってしまう・・・・・・・・・・・・・

 

 

そんな自分が嫌になってしまう人もいるかも知れませんね。

 

レストランに行って食事のメニューを見ても中々決められない。

 

日常的な事であっても、例えささいな事でも決めかねてしまう・・・・・・・・・・・

 

どうして決められないのか?

優柔不断の人に共通しているところはいったいどんなところなのか?

それは

対象となるものの『良さ』『魅力的な点』などが気になってしまい決めかねてしまう。

 

『判断基準が曖昧』

 

この点が共通している部分の一つかも知れませんね。

 

では、どうすれば・・・・・・・・・・・・・・・

と、言っても難しい時もありそうですね。

 

例えば、洋服を買う時に同じような価格帯の洋服AとBで迷っていた。

Aのデザインは好きだけど、色がちょっと違うかな~

Bは色は好きだけど、ここのデザインがな~少し気になるんだよな~

お互いいいところもあるが少しなんだけど気になる点もある。こんな時、他を見ても今一。でも今日買い物をしたい!

でもな~なんて時は決断が難しそうな気もします。

 

こんな時はどうしましょう?

 

 

 

何とか『決断』した!

なのにすぐに『やっぱり・・・・・・・・・』『でもな~・・・・・・・・・・・・・・』

ん~・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

やっぱりちょっと待って・・・・・・・・・

ちょっと考えてから・・・・・・・・・・・・・・

などと、決めた!と言った後、すぐにまた迷ってしまう人もいるのかも知れません。

 

 

優柔不断の人によく見受けられる共通点では『過去の振り返り』なんかもありそうです。

やっぱりあっちにしておけば良かった・・・・・・・・・・

ひどくなると、これじゃなかった!と言う情報を集めて後悔する癖がついてくる人もいる様です。

 

そして優柔不断の人たちの共通点では、他者に意見を求める人もいる様です。

しかし、ここで・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なんと、人に意見を求めても自分の意見と違うと、自分の意見が正しいという説明をしだしてり・・・・・・・・・・・・・

最終的には自分の良いと思っている意見に同意して欲しい!

なんて人もいそうです。

 

優柔不断で困っていないのであればそのままでいいのかも知れませんが、もし、そんな自分を変えたいのであれば、こんな方法もおすすめかも知れません。

 

それは『必要性・目的』をはっきり決めておくことも大切かも知れません。

例えば、洋服を買いに行くのであれば、どこに来ていく用なのか?何と合わせるのか?など明確にしておくのも一つの方法かも知れません。

レストランで注文を決めつ時にでも同じかも知れません。

自分の判断基準となるものを決めておくのも良さそうです。

 

お仕事のことでもいつも迷ってしまう人もいるかも知れません。

 

お仕事でも日常生活の中でも共通している一つに、もっといいものがある。もっといい案がある。

瞬間的にこれだ!と思える何かがある!と思っている人も多そうです。

 

確かにお仕事での企画などでは、ひたすらリサーチをしたり思案したりする必要もありますが、ここでも中々決められない人の特徴の一つに、もっと決定付ける強烈なものがあるのではないか?と心のどこかで思っている傾向がありそうです。

 

ここで、優柔不断をなんとか変えたい!のであれば

簡単な事から『即決する!』癖をつけて行くのも良さそうです。

 

どちらを選んでもさほど影響がないようなことから始めてみるのがいいかも知れませんね。

 

洋服や食べ物などはどちらを選んでもさほど人生に影響を及ぼすことがなさそうです。

そして決めたら『そのことに関して考えない』癖をつけて行くのが理想的です。

 

思考は習慣化していきます。

迷うことが当たりまえになってしまっているのなら決断できる自分を当たり前にしていった方が人生いい方向に進んで行けるのかも知れません。

 

 

人生『タイミング』も大切かも知れません。

迷っていてそのタイミングを逃して理想を現実に出来ないこともあるかも知れません。

 

優柔不断を手放し『決断力』を手に入れると人生どの様に変わって行くのでしょう?

 

人の思考は一気に変わるものばかりではなさそうです。

『決断力』を手に入れたいのなら、コツコツとトレーニングしてみるのもいいかも知れません。

 

思考のパターンは変えられそうです。

コツコツと簡単な事から、出来そうなことから『即決』そして、そのことはもう考えない!

こんなことから始めてみるのもいいかも知れませんよ!!

 

本日も最後までご覧いただき誠にありがとうございました!
明日は迷わない!スカッと決められるようになれるといいですね~!!

桜井塾からのお知らせ
今月のセミナー及び無料体験説明会のお知らせ

今月のカウンセリングのご予約状況

お問い合わせは

011-252-9588

info@teamfree.main.jp


 

 

 

 

今日はやる気がでない・何もしたくない時の原因と対処法とは

今日はやる気がでない・何もしたくない時の原因と対処法とは

 

本日も塾長ブログへお越しいただき誠にありがとうございます。

3月25日 札幌 桜井塾の思考パターンを変える! 塾長ブログへようこそ!!

 

感情のコントロール

結構難しい時もありますよね。

その中でも、どうもやる気がでない。やらなきゃいけないことがたくさんある時に限って・・・・・・・・・・・そんなタイミングが悪い時もありそうです。

この『今日はやる気がでない』

でも、やらなきゃいけない・・・・・・・・・・・・・・

いったいこの『やる気がでない』何もしたくなくなる原因は何なのでしょう?

 

 

その原因の一つは『たまりすぎ』です。

 

体の疲れはひどくなると熱が出たりなど、比較的分かりやすく判断ができ『今日は早く寝よう』など対策も取りやすい時もあります。

これに対して心の疲れはどうでしょう?

『大丈夫、頑張らなきゃ!』などと言い聞かせてついつい頑張ってしまいそう・・・・・・・・

この『疲れ』がたまっていき、ある一定値まで来ると『だるい・・・・・・』そして『動きたくない・・・・・・・・・』

限界値まで来ると熱も出そうな気がします。

疲労がたまってくると『何もしたくない』こんな気持ちに押しつぶされてしまいそうです。これも、あなたを守るサインなのかもしれませんね。

 

家庭でもやらなきゃいけない時もあるでしょうし、お仕事には納期があったり、どうしてもやらなきゃ間に合わない時もありそうです。

『休みたい』これはあなたの体から発信された正直なメッセージかも知れません。

しかし、やらなきゃならない・・・・・・・・・・・・・・

 

では、いったいどうすればいいのか?

明日のために明後日のために『今日発散する!』これが大切です。

 

そんな時間がない・・・・・・・

しかし、そのうち限界が来るのかも知れません。

そうなってから休みたいですか?

毎日ためたものは少しづつ掃出したいですか?

 

疲れをとる方法の中には色々とあるかも知れません。その一つに『入浴』なんかもありそうですね。

最も効果的なのは『質の良い睡眠』かも知れません。

その他、音楽、香りなど疲れをとったり癒したりするグッズなどもありそうです。

 

 

自分の体が借り物だとしたら・・・・・・・・・・・・・・・

今の自分は大切に扱っている気がするのでしょうか?

思考と体が別物だとしたら?

 

『体の声を聴く』

これをしても不幸にはならないような気がします。

 

今日はやる気がでない・・・・・・・・・・・・・・・・

何もしたくない・・・・・・・・・・・・・・・

 

しかし、やらなきゃならない。

疲れた時は休む!無理をしないで!

それは分かっているけど代わりもいないし、責任があるし・・・・・・・・・・

 

なので『日々の積み重ねが大切』です。

お金はためた方がいいのかも知れませんが『ストレスと疲れ』はためたくないものです。

 

毎日コツコツと発散していくことが効果的です。

自分の体が借りているものだとしたら・・・・・・・・・・・・・・

その体に気を使ってあげれますか?

周りの人に気を使うみたいにしてあげられますか?

 

ずっと一緒に居てくれた体

これからもずっと一緒にいてくれる体

 

本当は借りてるだけなのかも知れないのに・・・・・・・・・・・・

 

あなたが迷ったりする人であれば

多分、あなたの中に相反する意見をもつ人が存在するのかも知れません。

やろうとする人、やりたくないと言う人

悩んだり、迷ったりするとき、こんな相反する意見があるとするならば、あなたの中には存在しているのかも・・・・・・

 

あなたの最大のパートナー

毎日『お疲れ様』と言って癒してあげたことはあるのでしょうか?

 

借りているからだ、共存する意識や思考

これらと上手く付き合っていくと今後の人生はどのように変わって行くのでしょう?

 

本日も最後までご覧いただき誠にありがとうございました!
今日も自分の中の自分と上手く付き合えるといいですね~!

桜井塾からのお知らせ
今月のセミナー及び無料体験説明会のお知らせ

今月のカウンセリングのご予約状況

お問い合わせは

011-252-9588

info@teamfree.main.jp


迷う人・決められない人!どうしていつも決められないのか?

迷う人・決められない人!どうしていつも決められないのか?

 

本日も塾長ブログへお越しいただき誠にありがとうございます。

3月24日 札幌 桜井塾の思考パターンを変える!塾長ブログへようこそ!!

 

 

中々決められない人。

色々と考えて、最後の2選択になってもまだ決められない・・・・・・・・・・・・

この人たちに共通して働いているもの

 

それは『決定回避の法則』

 

何度も考えて議論をして、意思決定することなく決定を先送りにする人・・・・・・・・

 

どうしてこんなことになってしまうのか?

 

それは『現状維持バイアス』がかかっているからなのか?

 

これは、現状を現状のまま維持していたいと言う『心理欲求』

 

現状のままでいい!

焦ることはない!

今すぐ決める必要はない!

もっと決定付けるものが・・・・・・・・・・

 

そして、やらない、出来ない、そんな『理由』を探してしまう。

結末は

『決定しないと言う決定をする』

 

こういう人も多いかも知れませんが、近くに居ると困ることもありそうです。

 

しかしいったい・・・・・・・・・・・

どうして?

 

決断力のない人。

何を決定するのかで頭を悩ませている訳ではないのかも知れません。

ではいったい・・・・・・・・・

それは

今この瞬間に何かを決めなければならないと言う『決断』ができないのかも知れません。

そうすると、今この瞬間に変化しなければならない理由を探すのかも知れません。

 

 

人は選択肢が多くなると中々行動ができなくなってしまう時もありそうです。

そして、選択肢が広がり過ぎるとかえって普段と同じものを選んでしまったり・・・・・・・

 

人は毎日多くの選択をしながら生きています。

『決定回避』

『現状維持』

どちらも自分の未来に役立つのであればいいのかも知れませんが、そこでチャンスを逃すはめになったり、マイナス要素を生み出すのであれば変えられた方がいいのかも知れませんね。

 

相談を受けていて『中々決めれない』と言う人も多くいます。

色々なバイアスがかかっていたりもしますが、時にはこんな人もいます。

 

情報をたくさん集めて精査して、それでもまた情報を集めて精査して、そろそろ決定か?と思いきや、またまた情報を集めて・・・・・・・・・・・・・・・

いったいいつになったら決めるんですか?と聴いてみても・・・・・・・・・・・まだ情報が・・・・・・・・・・・・・・

なんの情報ですか?

もうこんなにいっぱい集まって散々検討もしたのに・・・・・・・・・・・・・・・

 

中々決定ができなくて行動ができない人

この人たちに共通している事

それは

『もっと完璧に納得ができる!そんな決め手となる情報がこの世にあるのでは?』と思っているのかも知れません。

どんなに探しても進まなければ分からないことだって世の中にはありそうです。

 

絶対!

これを追い求めてもない時もたくさんありそうです。

 

世の中にはやってみないと分からない。

進んでみないと見えてこないものもありそうです。

 

先がどうなっているのか分からない時は誰でも不安なのかも知れません。

しかし、進んでみないと分からない状況で、その場でいくら情報を集めても、考えてみても分からないのであれば進むか?やめるか?どちらかに決めるのも一つかも知れません。

 

もちろんやめるなら、そこからは別のことに集中してどっち付かずにはならない様にはしたいものです。

 

『感情系と思考系』

 

その選択は正しく判断されているのか?

 

感情のコントロールが不能になると、不満や愚痴も多くなってくることも・・・・・・・・・・・・・・・

 

正しい判断をする場合には『思考系』が上手く働いた方が良さそうな気もします。

 

普段から『思考系』を優位に働かせることも必要そうです。

 

トレーニング方法としては、簡単なものからどちらか決める癖をつけて行くことです。

後に後悔をしない選択ができたかのフィードバックもお忘れなく。

自分の傾向を知って調整をしながら決断力を身に付けて行くと将来的に役にも立つような気もします。

 

決断が早く後悔をしない!

そんな正確な『判断』ができると尊敬されてしまうかも・・・・・・・・・・・・・

 

優柔不断でいいことはあるのか?

チャンスはずっと止まっていないし、ここ一番では勇気をだして後悔しない決断をしたいものです。

 

本日も最後までご覧いただき誠にありがとうございました!
明日も一日迷わずに過ごせるといいですね~

桜井塾からのお知らせ
今月のセミナー及び無料体験説明会のお知らせ

今月のカウンセリングのご予約状況

お問い合わせは

011-252-9588

info@teamfree.main.jp


 

自分に都合がいい情報を集める人が陥る!最も危険な罠とは?

自分に都合がいい情報を集める人が陥る!最も危険な罠とは?

 

本日も塾長ブログへお越しいただき誠にありがとうございます。

3月24日 札幌 桜井塾の思考パターンを変える塾長ブログへようこそ!!

 

人は時に自分の都合のいい情報ばかり集めてしまう時があったり・・・・・・・・・・・・

『自分は正しい!!』

これの度が過ぎると後々困ったことにもなってしまったり・・・・・・・・・・・・・

 

真実から目を背けてしまう・・・・・・・・・・・・・・・・

自分が正しい!と証明する情報は探すが、反証となる情報は受け付けない・・・・・・・・・・・・・

自分と同じ意見の人を探し求めてみたり・・・・・・・・・・・・・・・・

 

こんな作用が働いて来たら少し用心をされてもいいのかも知れません。

そしてこの作用は『確証バイアス』と呼ばれています。

 

もしかしたら、多くの方が『間違いより正しい』方がいいと思っていそうですよね。

もし、自分の信じているもの、信念が否定されたらどうでしょう?

あなたは、再確認ができる情報を集めますか?

 

【確証バイアスとは】

自分の考えが正しいのか?違うのか?を検証する時に、自分の考えを証明できる情報ばかりを探し、反証情報にはフォーカスしない傾向が強く出てしまう。

これを『確証バイアス』といいます。

 

例えば

Aと言うことを耳にしたとします。その情報を裏付けるものが見つかると、この情報は正しいと証明されたような気になってしまうことも・・・・・・・・・・・

しかし、よくよく調べると反証情報の方がかなり多かった・・・・・・・・・・・・・・

なんてこともあるかも知れませんね。

 

よく心理学の例え話しにもでてくるものに『血液型と性格』があります。

A型の人=几帳面

B型の人=マイペース

などと言われていたり・・・・・・・・・・

ここには『バーナム効果』の働きもあるのかも知れませんね。

 

話しは戻りますが、出来れば人を判断する時も一つの情報だけで決定しないで、色々な側面から見て、出来ればその人の良いところなども見てから判断をしていきたい!そう思っている人もいるのではないでしょうか?

 

『自分の世界観と一致する視点』

 

これが原因の一つかもしれませんね。

 

 

できれば、視野を広く持って生きていけるとストレスも少なくなってきそうです。

他人の経験から学ぶことも時には必要だったりもしそうです。

 

しかし、ここで気を付けたいことが・・・・・・・・・・・・・・・

自分が良かれと思っていたAと言う情報を多くの人がその意見に賛同した時。

あなたの信頼する人はBだと言う。

あなたは考えて、調べてみてもAだと思う。

しかし、あなたの信頼する人はその道のプロ

だが、調べてみても周りに聞いても答えはやはりAだった。

 

あなたはこんな時、どうしますか?

 

本日も最後までご覧いただき誠にありがとうございました!

今日の残りも、視野を広く持てるといいですね~!

桜井塾からのお知らせ
今月のセミナー及び無料体験説明会のお知らせ

今月のカウンセリングのご予約状況

お問い合わせは

011-252-9588

info@teamfree.main.jp


 

感謝の気持ちを幸せに変える!幸せな人が必ずやっていること

感謝の気持ちを幸せに変える!幸せな人が必ずやっていることとは?

 

 

本日も塾長ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。

3月20日 札幌 桜井塾の思考パターンを変える塾長ブログへようこそ!!

 

『幸せになりたい!』多くの人がそう願っているのではないでしょうか?

物心共に豊かになるといいですよね~

 

いったいどうしたら『幸せになれるのか?』

 

まずは『笑顔』です。

簡単そうで難しい・・・・・・・・・・・・・・

笑顔でいるようだけど周りにはそのように映っていない・・・・・・・・・・・・・

このギャップには調整が必要そうです。

これはカメラと同じような感じです。『ピントを合わせる』ことが大切です。

人間は『振動』との関わりが大きそうです。笑った時の振動は幸せになったりできそうな気もします。

 

 

そして次は『関心』を持つことです。

自分を楽しませるには興味を持つことが大切です。

無関心は時に無気力にのまれてしまう時もありそうです。

関心がなくなり→やりたいことがなくなり→動きたくなくなり→この先は予測がつきますよね?

 

逆に関心を持つと→好奇心が旺盛になってきます→好奇心はワクワクを生み出したりもしそうです。

実際に行動をしていくと自分がイキイキしてきそうです!!

イキイキしている人は明るそうですよね!!

 

 

そして、次に『目標を立てる』ことです。

ここで気を付けたいのが、あまりに遠い目標を立てないことかも知れません。桜井塾で開催しているプロコーチ養成講座でもお伝えしているのですが、あまりににも遠い目標を立てても諦めてしまう可能性も出てきそうだからです。

例えば、

キャッチボールをしたとしましょう!自分と相手の距離が500m離れて『投げていいですよ~』って言われた時、あなたは相手に向かってボールを投げますか?

あまりに遠すぎるといかがでしょうか?

投げる気にもなれない人も多いのではないでしょうか?どのくらいの距離なら投げれそうですか?

目標もそのくらいの位置に設定された方が取り組む気になれそうではないですか?

 

 

まだまだ色々とありますがこれは『最も大切』です!!

その大切な事とはなにか?

 

それは『今を生きる!!』です。

人間は今この瞬間にしか感じることができないのかも知れません。

過去にも未来にも感じることはできません。

幸せ、心地いい、喜び、楽しい、うれしいなど、これらは全て感じることしかできないものです。

 

この中でも今日のテーマでもある『幸せ』

これも今この瞬間にしか感じることができないのです。

 

どこに行っても何をしていても『そこに喜びを見出せるか?』

 

これはとても大切な事です。

 

ディズニーランドに行ってもケンカをする人もいそうです。

美味しいものを食べに行ってもケンカをする人もいそうです。

 

逆に公園に行っても喜びを感じられる方や、美味しいものをホントに美味しいと思って食べれる方や、どこに行っても楽しみや喜びを見出せる人もいます。

 

見たのも、感じたものを良くも悪くもできるのも人間です。

事柄は変わらなくても受け取り方は人それぞれ。

自由にあなた自身がいかようにも決めることができるんです。

 

これが『世界観』かも知れません。

 

そして、今この瞬間に喜びを見出すことができた時、『感謝』が生まれてくるのかも知れません。

目に映るもの、体験するもの、これをどの様に捉えるのか?

どんな思考を目を通して外を見るのか?

これも『幸せ』を感じるためには必要な事かも知れませんね。

 

本日も最後までご覧いただき誠にありがとうございました!

感謝が喜びに変わりますよ~に!!

桜井塾からのお知らせ
今月のセミナー及び無料体験説明会のお知らせ

今月のカウンセリングのご予約状況

お問い合わせは

011-252-9588

info@teamfree.main.jp


 

 

 

 

 

その質問はなんのために?もしかしてこんな質問してますか?

その質問はなんのために?もしかしてこんな質問してますか?

本日も当ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。

3月17日 札幌 桜井塾の思考パターンを変える塾長ブログへようこそ!!

 

『質問』

数年前からコーチングなどでも取り上げあられて話題になりました『質問』

色々な質問方法があるのかも知れませんが、どんな質問をしたとしても『共通』しているとっても大切なことがありそうです。

それが分かっていない限りその先に大きな分かれ道がありそうな気もします。

 

 

なぜ、質問は成果を発揮するのか?

私の所でも米国NLP(TM)協会認定資格取得講座をおこなっております。このNLPで一番初めに出来たスキルがあります。数多くあるNLPのスキルの中にあるものに

『質問』

と言うスキルがあります。NLPでは『メタモデル』と言う『質問』のスキルがあり、NLPではこの『質問』のスキルが一番初めにできたと言われています。

 

NLPには他にもコミュニケーションに役立つスキルが色々とあり・・・・・・・・続きはこちらから

 

桜井塾で開催している資格取得講座にはコーチングやカウンセリングなどの講座もありますが、やはりどちらも『質問』だけは欠かせないスキルとなっています。

 

 

桜井塾ではお悩みを抱えてお困りの方に無料相談も受け付けております。

 

 

ではこの『質問』をする時に最も大切な事とはどんなことなのか?

それは

『何のためにその質問をするのか?』と言うことです。

 

資格取得講座も増え『質問』と言う言葉も良く耳にします。アドバイスではなく『質問』をした方がいいんですよね?

 

ただ、ここで少し疑問が・・・・・・・・・・

『それ・・・・・・・・何のために質問してみたんですか?』こんな疑問を抱く機会も多いのが現状です。

 

『いえいえ、質問をして相手の潜在意識から必要な気づきを・・・・・・・・』

こんな言葉も良く耳にします。

潜在意識?

気づき?

・・・・・・・・・・・・・・?ちょっと疑問が・・・・・・・・

 

潜在意識か顕在意識は別として相手に気付きを与えることができる一つに『質問』もあると思います。ただ、質問だけが気づきを与えるわけではございません。

ただ、気づきを与えやすいのは事実かも知れません。

 

しかし、桜井塾でおこなっているメンタルカウンセラー養成講座でもいつも言っている事なのですが、物事には順序がございます。

気づきを与えるにも順序が必要な時もあります。これはめちゃくちゃな質問をしても与えられるかどうかは分かりません。しかし、気づきを与える確率を高めるにはそれなりのプロセスがありそうです。

 

 

どんなにいい質問をしたとしてもタイミングが違ければどうでしょう?タイミングなんて関係あるの?と疑問に思われる方ももしかしたらいるのかも知れませんね。

例えば

『こんにちは~・・・・・・初めまして○○です。では早速あなたはどんな風になればいいと思いますか?』

会って行きなりそんなことを言われて、もともと考えていれば別かも知れませんが、答えられない人も知るかも知れません。または、『それが分からないから来たんですけど・・・・・・・・』こんな方もいるかも知れません。

『答えはあなたの中にある!』

『ほら考えてみて』

もし、これで答えられるなら来なくてもよかったみたいな・・・・・・・・

ってゆーかそれが分からないから来たんです!!こっちの方が多そうです。

極端な例えをしましたが、『タイミング』が関係なければ始めに言っても同じことです。そうでなければタイミングは必要だと言うことですね。

 

相手に気付きを与えて行くには順序も必要です。

『あなたはどうなればいいと思っているの?』と質問をしても、そもそも『なんであなたに言わなきゃいけないの?』って相手が思っていたらどうでしょう?

 

これはコーチング講座を受ける人が増えた時にも良く耳にしたことですが『とにかく質問あるのみ!』って言っている方をよく見かけて記憶があります。

私は多くの部下を育成したこともありいつも疑問に思っていました。

その質問に答えてもらえる自分なのか?

まず、ここはとっても肝心です。

これは部下からよく相談を受けていた時にも言っていたことなのですが、部下が言うことを聞いてくれないと主任や課長が言うんです。

そこで私は思っていました。

『まず、部下に言うことを聞いてもらえる自分なのか?』と言うことです。

 

コーチングをしてもカウンセリングをしても同じです。

 

これが資格取得講座やセミナーなどで耳にする

『信頼関係』と言うことです。

 

よく信頼関係と言うと好きなものが一緒、趣味が合う、話しが合うと言われる方がいますが、プライベートの時にはそれでもいいのかも知れませんが、コーチングやカウンセリングなどの場合にはどうなのでしょう?

 

この場合の信頼関係は、出来れば

この人に話しをすれば気づきが得られるかもしれない、そんな期待、そしてそこへの信頼

この『信頼関係』が必要なような気がします。

 

なので、人に気付きを与える!だから質問をする!

の前に、それができる人だ!という信頼を得るのが先になるような気がします。

 

質問で相手に気付きを与えようと思ったら少なからず本音を言える相手にはなっておきたいような気がします。

 

そして、なぜ?どうして?などの用語も場合によってはあまり使わない方がいい時もありそうです。

なぜ?なんで?どうして?そんな質問をする時にはポジティブなことで使ってあげるのもいいのかも知れませんね。

 

例えば

なんでそんなに上手にできるんです?

どうしてそんなにきれいなんですか?

 

こんな感じだと相手もあまり嫌な気分にはならないかも知れませんね。(ステートも忘れずに)

顔が引きつった状態で聞いても・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

本日も最後までご覧いただき誠にありがとうございました!

明日も良い気づきがありますよ~に!!

桜井塾からのお知らせ
今月のセミナー及び無料体験説明会のお知らせ

今月のカウンセリングのご予約状況

お問い合わせは

011-252-9588

info@teamfree.main.jp


 

相手に悩みを相談をする!カウンセラー?どんな人にすれば?

相手に悩みを相談をする!その前に気を付けたい2つのこと!

本日も当ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。

3月16日 札幌 桜井塾の思考パターンが変わる!塾長ブログにようこそ!!

 

相手に悩みを相談をすることは生きていればありそうです。しかし、相談する前に少し考えたいことが2つあります。

その気を付けたいこととは

 

聴いて欲しいだけか解決したいのか?

まず、最初に考えたい一つに聴いて欲しいだけなのか?それとも解決したいのか?と言うことです。私の所でもカウンセリングはおこなっておりますが一番最初にクライアント様には言っていませんが確認しているところがあります。

もちろん、当塾で行なっている資格取得講座の一つ、メンタルカウンセラー養成講座の中でもお伝えしていることですが、これはとっても大切な事です。

カウンセラーが確認することも大切ですが、これは相談をしたい!と思われている方にも大切な事です。

 

それは

聴いて欲しいだけなのか?

解決したいのか?

 

ここをはっきりしてからご相談に行かれた方がお互いにスムーズに話しが進んで行きそうな気もします。これはお友達に相談する時も、カウンセラーに相談する時も同じかも知れません。

カウンセラーの場合はそのカウンセラーが何をする人なのかを調べてから行かれるとお金も時間も無駄になることが少なくなるかも知れませんね。

カウンセラーのところへ行く場合、ただお話しを聴いて欲しいだけなら料金も安く済む場合も結構あるかも知れません。解決となると少々お値段も高い人もいそうです。時間給と技術料といったところでしょうか。

そこで気を付けたいのがあまりカウンセリング技術を持っていらっしゃらないカウンセラーさんのところへ行くことです。

それなりの技術があれば指示やアドバイスばかりではなく、それなりのテクニックを使って気づきを与えてくれたり、導いてくれたりしそうです。

しかも、導くべきところにしっかりと導いてくれそうです。

 

 

話しを聴いて欲しいだけ!その時に相手が気づかずに『何とかして解決して見せる!』と思っていたら話がかみ合わない場合もありそうです。

プロのカウンセラーならすぐに分かることかな?って思いますが・・・・・・・

お友達に相談する場合にはどうでしょう?相手がお仕事でもないのに見分けることを意識して話しを聴いてくれるのか?少し疑問が残りそうです。

相談してきているんだからきっと何か言って欲しいはず!と思い込み一生懸命アドバイスをしてきたり提案をしてきたりする可能性もありそうです。

なので、お友達に相談をする場合も自分が何をしたいのか?相手に何をしてほしいのか?を考えてから相談相手を選ばれる方がいいのかも知れませんね。

 

話しが食い違ってしまう原因とは

その原因とはまさにここにありそうです。

『お互いの認識の違い』

お話しだけを聞いて共感して欲しい!この場合にはそうしてくれる相手を探し、その方にお話しをするとお互いがストレスをためないで済みそうです。

 

アドバイスが欲しいときにも2つに分かれるかも知れません。

【1つ目】

アドバイスを聞いてそのように試してみたいから成果の出そうなアドバイスが欲しい!

この場合は、それなりの知恵と知識がある人を選ばれた方がいいかも知れませんね。まず、その人自身が悩んでいないとか精神的に病気じゃないとか、人生上手くいっている、いつも明るい!などなど

【2つ目】

アドバイスを聞いて何となく自分がそうしてみてもいいかな?って思った時に試してみたいとか、そのようにしてみたいとか、そんな時かもしれません。

ただ、ここでも先ほど同様、せっかくアドバイスをもらうなら少し試してみようかな?って思えるようなアドバイスをくれる人にお話ししてみる方がいいかも知れませんね。

 

お悩みを解決したい場合には

お悩みの内容にもよりますが、プロに頼むのが成果を期待できそうな感じもします。

 

桜井塾ではお悩みを抱えてお困りの方に無料相談も受け付けております。

 

プロに頼むと言ってもリサーチは必要かも知れません。悩み癖がある人ならなおさら腕のいいカウンセラーさんのところへ行かれた方が良さそうです。

この時に、そのカウンセラーさんがどのような人を対象としてカウンセリングをおこなっているのか?時間や料金もそうですがお悩みを聴く人なのか?アドバイスをする人なのか?解決をする人なのかなどは知っておいた方がいいのかも知れませんね。

 

プロのカウンセラーの元へ行けば、リラックスしてくださいね!なんて言わなくても自然にリラックスができるように導いてくれるでしょう~

そして、クライアント様が自然と本音を話せるようにも導いてくれるでしょう。

そして、クライアント様が悩みから解放される扉に気付かせてくれて、きっとその扉をあけることができる鍵の在り処へと導き、クライアント様がその鍵でその扉を開けて外に出れる勇気すらもたらしてくれるでしょう。

 

もちろん自然にその様に導けるのにはスキルとノウハウが必要です。

そんなスキルやノウハウはお仕事以外でも生涯役に立つ・・・・・・・続きはこちらから

 

 

お話しを聴くだけ。

アドバイスをするだけ。

解決をする。

生きていればどれも必要な時もあるのかも知れません。しかし、気を付けたいのは『お互いの思いに食い違いがないか?』ここは意識して選定された方がお互いにストレスをためずに済みそうな気もします。

生活していく上で悩み事がでる場合もありそうです。そんなとき身近に相談できる相手やアドバイスをくれる相手や信頼できるカウンセラーがいるとすごく安心できそうな気もします。

その中でも一番持っていたいのは『相談できる家族や仲間』ではないでしょうか?

普段から、自分も相手に心を開き相手に親切にして優しくしていると、困った時には心強そうな人たちが周りに居そうな気もします。

 

まとめ

相手に悩みを相談をする!する前に気を付けたい2つのこととは

1・相談をする前に相手に何をしてほしいのかを決める

2・望みを叶えてくれる相手を選ぶ

 

そのために・・・・・・・・・・

普段からしておきたいことが3つありそうです。

1・相手に親切にする

2・相手のことを理解しようとする

3・相手に優しくする

 

そして『相手の都合も聴いてあげる!』と人生ますますスムーズに生きていけそうな気もします。

 

最後に

『普段から相手の気持ちを考える!』

 

 

本日も最後までご覧いただき誠にありがとうございました!

明日は思ったことができますよ~に!

桜井塾からのお知らせ
今月のセミナー及び無料体験説明会のお知らせ

今月のカウンセリングのご予約状況

お問い合わせは

011-252-9588

info@teamfree.main.jp