話しの行き違い!これでコミュニケーションに悩まなくなる

本日も当ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。

4月29日 札幌・桜井塾の思考パターンを変える塾長ブログへようこそ!!

 

そんなつもりじゃ~・・・・・・・・・・・

そんなこといってないじゃん・・・・・・・・・・

など

言葉のトラブルを経験された方もいるかもしれません。

 

言ったつもり・・・・・・・・・・・

そんなつもりで言ったんじゃなくて・・・・・・・・・・・・・

 

人の価値観や世界観なども人それぞれ

そして解釈の仕方も人それぞれなのかも知れません

 

 

言葉の行き違いや認識の違いなどから始まるトラブル

できれば避けたいものですよね。

 

会話をしていると『削除・歪曲・一般化』されていることがありそうです。

 

【削除】

私は自信がないんです・・・・・・・・・・・・

このような会話では具体的に何にどの辺に自信がないのか?と疑問が出そうです。

 

【歪曲】

そして、あの人は私に挨拶をしないから、きっと私のことがきらいなんだ・・・・・・・・・・・・

このような会話では、挨拶をしないと嫌いってどんな判断基準なの?と疑問が出そうです。

 

【一般化】

みんなが言ってるんです!

それって誰が言ってたの?と質問すると、○○さん・・・・・・・・・・・・・・・・

え!一人?

こんな経験をされたことのある人もいそうです。

 

よくよく話しを聞いていると、具体的には?何を根拠に言ってるの?詳細は?などと疑問になってしまう時もありそうです。

 

 

実際に会話の中で削除されているところがあったり、歪曲や一般化されていると行き違いもありそうです。

この行き違いを防ぐには、出来る限り具体的に、そして自分の観点からの意見を控えて、詳細をしっかりお伝えすると、伝わる確率も高くなりそうです。

 

意識するのとしないのでは結構コミュニケーションの質が変わってきそうです。

 

コミュニケーションに悩まなくなる方法はこれだけではありませんが、行き違いを防いでいく方法の一つとしては『削除・歪曲・一般化』をしないで相手に伝え、どう伝えたかではなく

 

どの様に『伝わったか』が大切になってきます。

 

そのために、どの様に伝わったのかを『確認する』ひと手間を惜しむのをやめましょ~

 

しっかり伝えたつもりでも『認識が違えば』そのあとの結果にも変化がでてきそうです。

 

逆に聞き手の場合でも、『削除・歪曲・一般化』されている場合には、しっかりと質問をしてすり合わせをしていかれると、間違えやトラブルも減っていきそうです。

 

まれに、会話をしていてどこが抜けているのか(削除)分からないと言われている方がいます。そのような場合には、実際にアクションを起こす場面を考えてみてください。

 

例えば

会社にお休みをもらって海外旅行の約束をしたとしましょう。

ここでAさんが日から○○に旅行にいこう!

そこでBさんはいいよ!と返事をしました。

Aさんは、私が飛行機のチケットや宿泊先などは予約しておくからパスポートの準備だけでいいよ!

なので当日○○駅で待ち合わせをしていこ~

こんな約束をしたとしましょう。

 

そして数日後、会社に休みの申請をするBさん。

ここで初めて気が付くのです。

日から何日休めばいいのだろ?

 

実際、こんな極端なお話しはないのかも知れませんが、旅行の約束をしている時に会社に休みをもらう申請のことまで考えていたら、旅行に行くまで、行って帰ってくるまでのプロセスを考えていたらどうだったのでしょう~

 

 

出来る限り、実際に行動した時の流れなどを考えながらお話しを聞いていくと、情報漏れも少なくなってきそうな気もします。

そして、伝える時も『削除・歪曲・一般化』しないようなお話しができると、話しの行き違いや誤解も少なくなってくるかも知れませんね。

 

本日も最後までご覧いただき誠にありがとうございました!

明日は良いコミュニケーションが取れるといいですね!!

桜井塾からのお知らせ
今月のセミナー及び無料体験説明会のお知らせ

今月のカウンセリングのご予約状況

お問い合わせは

011-252-9588

info@teamfree.main.jp


人の話しを聞けない人の心理とは?そんな時にはこの解決で!

人の話しを聞けない人

本日も当ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。

4月11日 札幌・桜井塾 思考パターンを変える塾長ブログへようこそ!!

 

人の話しを聞かない人

聞けない人

両者がいるかも知れません。

 

これは病気なのか?

 

桜井塾では、病気と言って終わらしてしまうようなことは・・・・・・・・・・・・

 

では、どうして人の話が聞けないのか?について少しお話ししていきたいと思います。

ここでは先ほどご紹介した

『聞かない人』

『聞けない人』

の2つの傾向に分けてお伝えしたいと思います。

 

『人の話が聞けない人』

こちらで多くみられるケースでは、『集中力』が原因となっている場合もありそうです。

こちらも、そのような病気と言ってしょうがない・・・・・・・・・・・・とされる場合もあるのかも知れませんが、これからの人生それでよければいいのかも知れませんが、よくないのであれば改善していきたいものです。

病気なんだから仕方がない!

で、終わらせたくない人。

これは子育ての時にも子供に対して感じている親もいるかも知れません。

しかし、よ~く考えてみてください。

 

そんなに集中できることがない人ばかりがいるのでしょうか?

ちなみにその人はいつ、どこで、何をさせても集中したことはないのでしょうか?

 

子供の頃から集中できない場合、もしかしたら

もしかしたらですよ

もちろん絶対的とかではございませんよ~

 

もしかしたら、集中の仕方が分からないのかも・・・・・・・・・・・・・

 

好きな事をしていない場合、集中できない、集中力が持たないなんて言われる方も知るかも知れませんね。

 

 

たまに耳にする、子供の頃から集中力がなくて・・・・・・・・・・・・・・・・・

最近知ったんだけど、それって○○病なんだって・・・・・・・・・・・・

 

ん?

 

って思ってしまう時もしばしば・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ここで少し疑問が・・・・・・・・・・・・

 

子供の頃から集中できるようにどんな努力をしてきたの?

 

社会人になってからも私、集中力がなくて・・・・・・・・・・・・・

実は○○って病気らしいんです・・・・・・・・・・・・

 

もし、自分の人生にとって○○病で何も差支えがなければそれでもいいのかも知れませんが、何とかしたい!と言うことであれば、『集中力を身に付ける』ことです。

 

なんでも、身に付けようとすれば努力がいるものかも知れません。

 

変えたいのであれば『努力される』ことも自分の人生にとっては価値のあることかも知れませんね。

 

ただ、世の中にはどうにも変えられない病気の方もいます。したくてもできない人もいるんです。

果たして、自分は努力に努力を重ねても数年頑張ってみても、どうして無理だったのか?

を考えて、変化の余地があるのであれば頑張ってみるのも良さそうですね。

 

 

もう一つの傾向として見受けられるのが

『人の話しを聞かない人』

こちらはある満たされていない部分があり強く欲求してしまっている人もいる様です。

人にはそれぞれの価値観があります。

自分の考えと違った考えを持たれる方もいるでしょう。

そして、考えが食い違ってくると、その満たされない部分は強く欲求してきます。

この傾向が強く出る人には『認めて欲しい』と、どこからか欲求してしまう。

 

そんな『承認欲求』が・・・・・・・・・・・・

 

この傾向が強く出る人たちに共通してみられるのが『自分を認めることができない』と言った点もあげられるかも知れません。

 

これは一概に自分を自分でほめる

と言ったことばかりではありません。

 

例えば

自分が違っていた・・・・・・・・・・・・

自分の考えより良い考えがあった

など、極端に言えば『自分の否を認めない』ことも含まれます。

 

ADHDなど発達障害の一つでもある病気などでお困りの方もいるとは思いますが、もし、それで大変な思いをされていて改善できるものならしたい!と思われる場合は

 

そうです

 

『努力』です。

 

どう頑張っても無理。そんなこともあるのかも知れません。しかし、努力をされてからでも遅くないのかも知れません。

最終的な場面を迎えるまでは

 

『あきらめない』

 

もし、それで不都合が改善されてより人生を楽しく生きていけるのなら、試してみる価値もあるかも知れませんよ。

 

例え書籍でも、すぐに飽きてしまう、字を見ていると眠たくなってしまう人もいるかも知れません。

ただ、本当に切羽詰っていた場合、本当に必要な場合でも、本や書類も最後まで読めないのでしょうか?

 

もし、災害、その他トラブルや問題、こんな時でも集中できないのでしょうか?

 

もし、出来るのであれば本当は集中できるのかも知れませんね。

 

目的があって必要性があれば集中できるのであれば

集中力を鍛えると言う発想の前に、物事に取り組む前に、『目的と必要性を明確』にしていくのも一つのやり方かも知れませんね。

 

本日も最後までご覧いただき誠にありがとうございました!

人のお話しが聴ける!と自分のためになることも・・・・・・

桜井塾からのお知らせ
今月のセミナー及び無料体験説明会のお知らせ

今月のカウンセリングのご予約状況

お問い合わせは

011-252-9588

info@teamfree.main.jp


 

伝わらないと悩んだ時にはこのスキルが役に立つ!

伝わらないと悩んだ時にはこのスキルが役に立つ!

 

2月21日 本日も当ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。

札幌 桜井塾の塾長ブログにようこそ!

 

『伝わらない』伝わらなくてイライラしたことはありますか?これはいっぱいいそうですね。

どんな例え話しをしてもどんなに言い方を変えても伝わらない時、分かってもらえない時もありそうです

自分の言い方が悪いのか?相手の理解力に問題があるのか?知識に差がありすぎるのか?原因は色々ありそうですが、どんな人にでも伝わる話し方ができると人生がスムーズに歩めそうです。

相手の批判をして得があれば別かも知れませんが、話しが伝わらないと何かと不便そうです。しかし、どうして伝わらないのでしょうか?どうすれば上手く伝わるのか?

色々な状況がありますので一概には言えませんが、お互いに視野が狭くなっている時もあります。

なので、この場合はお互いが自分の意見を通したいことで一生懸命になりやすく、聞き手も話しを聞きながら頭の中では違う意見を考えていて、いつ反論しようか、いつ意見しようかと今か今かとタイミングを見計らっているケースもあります。

この場合、聞き手はほとんど相手の話しを聞いていない可能性がありそうです。

 

 

このような経験はありませんか?

一生懸命話しをしているのに伝わっていない。確認をしても少し解釈が違った答えが返ってきたり、数日後には聞いてませんと言ってきたり。

どうにかして分かってもらいたいと努力するのに伝わらない。

この場合、相手の思考が話しの途中から脱線してしまっていることが多いようです。特に説明をしている時に多くみられる現象なのですが、話しの途中からその話しを自分に当てはめて考えだして、そこからまた違うことに思考が飛んでしまうので、その間の話しは耳には入っても理解はしていないことが多いようです。

もちろん、話しが途中抜けているのでなんの話しなんだか訳が分からなくなってきたり、そこでまた一生懸命話しをされてもその話しの前が抜けているので例え話しをされても意味が分からない・・・・・と言う結果になりやすいんです。

 

例えば、『Aさんにはこのように伝えると上手く伝わるよ!』なぜかと言うとAさんは論理的だから数字とかも入れながら伝えると理解してもらいやすくて・・・・・・・

このような話しをきいていると聞き手は頭の中で、『どうして数字とかを入れた方がいいんだろう?・・・・・・・・・・』

この『どうして・・・・・』の辺から、あなたの話しは理解不能な状態になってしまいそうです。

そして、数字と言えば前にもそんなこと言ってる人がいたよな~、え~と確かあれは~・・・・・あ!そうだ思い出した!あの時・・・・・・・・・・・

みたいな感じで思考が飛んでいる現象が起こりやすいのです。

そんな経験はありませんか?

 

 

相手の意識が別へと離れてしまう時は、同じ伝わるように話しをすると言っても少し厄介な時があります。確かに話しは『どう伝えたかよりどう伝わったか?』が重要となってくるのですが、上手く伝わるようにと言っても相手の状況によっては対応の仕方も変わってくるんです。

一概に相手に伝わるように話すには○○です!と解決できるものばかりではないと言うことです。よく書籍やインターネット、セミナーや講座などで学ばれても、やっぱり上手く伝えることができない。やっぱり私には難しい・・・・・・・と諦めている方がいますが、それはあなたができないのではなくて仕入れた情報が抜けていたのかもしれませんよ!

しっかりと相手に伝えられる人は、相手によってプロセスを変化させていると思います。

もちろんスキルも大事なのですが、大切なのは『話しの組み立て』です。

そして、伝わらないと悩んだ時にはこのスキルが役に立ちます!

話しをしている最中に他に意識が向いてしまう傾向がある人に対しては『話しを区切る』ことが大切です。10分の話しであればできるだけ『分けて』伝えるんです。

 

そして、その都度『確認』です。

 

ここで少し注意したいのが『例え話し』を出来る限りしないことです。

話しが長引けば長引くほど相手の意識は他に向かいそうです。相手に分かって欲しい!理解してほしい!と言う思いが強い人の多くに、例え話しがたくさん入る傾向があります。

熱弁のあまり例え話しをしすぎて話している本人が何の話しをしているのか訳が分からなくなる人もいるようです。

そんな経験ありませんか?

 

なので伝わらないと悩んだ時には特別なスキルとかを使うのではなく『話しを小分けして確認しながら進む』方が相手に理解を得られそうですよ。

スキルで言えば五感を有効に使って話してみるのも効果が期待できそうです。でも、注意してくださいね。私の講座ではよく言うことなのですが『組立があってのスキル』です。五感を有効に使って、相手の優位感覚に合わせて話せば伝わる!

おそらく話しの組み立てができていない場合、望む結果は期待できそうもないです。

 

相手の優位的に働いている感覚とは?人は五感を通して物事をインプットしたりしています。

五感と言えば『視覚・聴覚・身体感覚・嗅覚・味覚』ですね。

ここでは嗅覚・味覚は身体感覚に含めてお伝えいたします。相手の話しは『視覚・聴覚・身体感覚』のどれにアクセスして話しをしているのか?どんな優位的感覚を持っているのか?を知っている方がコミュニケーションを上手く図ることができそうです。しかしこれも、少し違って解釈をされている方がいる様です。

 

 

私のところでは現場で使えることを教えています。確かに目の動きなどでもどの感覚にアクセスしているのかが分かったりする時もありますが、実際に会話をしていてずっと相手の目ばかりを意識しているわけではございません。

人間そんなに器用ならいいのですが、そこに意識を取られてしまったらあとの肝心なことはどうすればいいのでしょう?

慣れですよ~って言われる方もいるのかも知れませんが・・・・・・・・

もっと簡単に知る方法があるんです。それに簡単だからながら作業ができるんです。簡単な事をより難しくされる方もいますが、難しことをより簡単にして望む結果を手に入れる!方が良さそうですよね。

 

コミュニケーションは生涯必要なものです。

 

あなたにマルチレベルのコミュニケーションが身についたらどんなことに役立ちますか?

どんなことが変わって行くでしょうか?

もし、そんなことを思っているのであれば・・・・・・・

 

実践で使えるスキルとノウハウを身に付けて自分に役立たせたい!

3月4日(土)13:00~14:00 心理学講座の無料説明会があるのでご興味がある方は

こちらをクリック↓

 

 

桜井塾からのお知らせ
今月のセミナー及び無料体験説明会のお知らせ

今月のカウンセリングのご予約状況

お問い合わせは

011-252-9588